トピック

トピックス

役員選挙運動についての説明会が行われました(児童会)

1月21日昼休憩

多目的室では、来年度の児童会役員に立候補した11名の4・5年生が神妙な顔で集まっていました。

はじまったのは「選挙運動説明会」

ポスターなどいわゆる「七つ道具?」(実際には7つはありませんが)を配られ、来週からはじまる選挙運動について選挙管理委員会から説明を受けました。

ポスターの作成、立候補演説の原稿、選挙運動の方法を考えるなどこれから準備する中で、児童会役員になって自分が何をしたいのかをはっきりとさせていくのではないかと期待しています。

25日には校内にポスターが掲示されることになっています。

そこから選挙戦がスタートするわけですね。

加計小を子どもたちの力で盛り上げていく取組になりそうです。

(校長)

 

1年間の力試し(全校)

今週は全学年で、学力調査に挑んでいます。

1・2年生は国語と算数。

3年生以上は国語、算数、理科、社会。

1年間学んできたことをうまく使えるようになったかどうかを確かめるテストです。

みんな真剣な顔で鉛筆を動かしています。

教室に入るのがはばかられるくらいです。

ですから、今日は廊下から窓越しにシャッターを切りました。

大切なことは、「できたこと」と「できなかったこと」を知ることです。

そして、今回はできなかった問題をもう一度学び直していくことです。

担任の先生方とこれから学年末までの2か月の頑張り時ですね。

最後まであきらめずに「やり抜く」力が試されるときです。

(校長)

書初め展(全校)

学校の交流ホールに新春の書初め作品が並びました。

書道の特別非常勤講師 清川先生にずっとご指導いただいています。

伸びやかな筆の運びで思いっきり書くことができたようです。

1・2年生の教室前には、それぞれの硬筆の作品も掲示されています。

字は人を表す―と私は思います。

タブレットなど便利な道具もありますが、筆や鉛筆で書くという文化も大切にしていきたいなと思います。

 

(校長)

給食調理場の動画を作ったよ!(2年生)

昨日、校長室に2年生の子が2名やってきました。

「校長先生、2年生のみんなで『給食調理場の動画』を作ったのでぜひ見てください。そして、感想をこの紙に書いてぼくたちに渡してください。」とのこと。

早速、動画を見てみました♪

全員出演&自作の寸劇の動画です。

2学期に生活科で学習した給食調理場の仕事についてわかったことや気づいたこと、ぜひみんなに知ってほしいことを動画にしてくれたようです。

調理場の施設や道具、調理員さんの仕事の様子の説明や

給食がどうやって学校まで運ばれてくるのかをインタビューした場面

そして、安心安全な給食を届けるために、気を付けて仕事をされている調理員さんや栄養士さんのことを考え、自分たちも給食配膳前の手洗いや給食着をきちんと身に付けることをレクチャーする場面もありました。

13分ほどの大作です。

すべての学級で視聴してもらい、その感想をもらうことにしているそうです。

そして、給食調理場の皆さんにもぜひ見ていただこうと考えているようです。

寸劇を作り、何回も練習を重ねた努力が伺えます。

保護者の皆様にも折を見て、ご覧いただけるようにしたいと思っています。

2年生さん、Good job!!

(校長)

加計小マーチングバンドのビデオ撮影(5・6年生)

県内に蔓延防止措置が広がる1日前。

加計小の体育館では、5・6年生のマーチングバンドの今年の総仕上げの演奏が行われました。

1月15日に広島市で開催予定だった「ひろしまバンドフェスティバル」が、直前に中止となり、2年続けて大きなステージでの発表機会がなくなってしまいました。

加計小の子どもたちだけでなく、県内の同じようにがんばってきた小学校の子どもたちも先生方も本当に残念に思っているはずです。でも、残念がってばかりはいられません。

今できることを逃さず!

ということで、ギリギリのタイミングではありましたが、バンドフェスティバルで演奏するはずだった演目を、当日の衣装を身に付けて演奏し、それをビデオで記録することにしました。

もちろん、感染症対策を施しつつ・・。

まずは、隊形移動の最終確認を楽器なしで。

指導してくださる井坂先生の指導にも熱が入ります。

 

そして本番

心を込めて、思いを込めて、最後の演奏です。

子どもたちの息の揃った、思いの溢れる素敵な演奏でした。

 

 

最後に記念撮影。全体もパートごとも笑顔でハイチーズ♪

 

 

そして、今回の撮影にあたっては、加計地区で映像等クリエイターの森脇さんのご厚意で、4Kカメラでの撮影をしていただくことができました。できあがったら、子どもたちの手元に届ける予定です。

急なお願いにもかかわらず、快く駆けつけ撮影をしてくださった森脇さん。

本当にありがとうございます。

ご自身も加計小の卒業生で、トランペットを演奏されていたそうです。

懐かしく温かく見守ってくださいました。

5・6年生の保護者の皆様もお楽しみに!

大きなステージでの演奏はなくなりましたが、代わりに見つけたものも大きかったのではないかと思います。

(校長)

 

安芸太田町立小・中学校協調学習授業研究会

1月14日(金)安芸太田町で12年間取り組んでいる協調学習について、「新しい学びプロジェクト全国大会IN安芸太田」と銘打ち、町内の小中学校を代表して、安芸太田中学校と加計小学校、また県立加計高等学校での公開授業研究会を行いました。

当初は、対面での研究会を予定していましたが、現在の状況から、完全オンライン研修となりました。

多くの皆様に集まっていただき、子どもたちの学びの様子をご覧いただきたかったですが、それは叶いませんでした。

一方、授業のリアルタイムでの配信とオンラインでの研究協議や全体会など、これまでとは違ったコロナ禍で進んだ技術を駆使しての授業研究会となりました。

授業会場には、本校の職員のみが入り、後は2台のカメラとマイクを使ってオンラインで配信です。

アクティブラーニングルームでの授業は、4年生の算数科「直方体と立方体」でした。

単元末の発展問題に取り組み、難しい課題でしたが、自分の考えをどうしたら友達に伝えられるかを懸命に かつ楽しんで学習していたと思います。

多くの方の支えあって無事に研究会を行うことができました。

子どもたちだけでなく、私たち職員も自分の学びを深めることができました。

早く対面で研究会ができるといいなと思いつつ・・・。

(校長)

 

児童会選挙に向けて

1月13日

昼の放送で「児童会選挙管理委員会」からのお知らせがありました。

今年の選挙管理委員5名です。

6年生が務めます。

いよいよ来年度へのバトンタッチが始まりました。

「加計小学校をよりよくするために、自分ができることを考えて立候補してください!」

それに先立ち、12日に現児童会役員の5名に校長室に集まってもらい、この1年間を振り返る場を持ちました。

ちょうど1年前。立候補したときの気持ちと1年走り続けてゴールに向かおうとしている今の気持ちを比べて感想を話してもらいました。

大変だったけれど、充実感がある。

役員の関係がとてもよく、明るく楽しく仕事ができた。

目標を決めるだけでなく、加計小の気になることを話し合い解決できた。

加計っ子まつりは協力してできた。ぜひ続けてほしい。

そんな素直な感想を聞かせてもらいました。

児童会は学校の大事な組織です。

学校を変えていくのは先生方だけではないからです。

自分たちが「気づいて、考えて、やってみれば」何かが変わっていく―そういう経験をしてほしいと願っています。

来週には、次の役員の立候補受付が始まります。

今の思いを、それぞれの言葉で4・5年生に伝えてくれるように頼んでいます。さて、どんな言葉で思いを伝えてくれるのでしょうね。私もたのしみにしています。

(校長)

3学期始業式

令和4年1月7日(金)

3学期の始業式です。さすがに寒い朝となりましたが、子どもたちは元気に登校してきてくれました。

いつもの光景となりましたが、3学期の始業式もオンラインで行いました。

 

今回のお話は「磨く」です。

「〇〇を磨く」さて、何を磨きますか?

近くの人と交流してみました。

学校長式辞はこちら⇒令和3年度3学期始業式式辞.pdf

3か月は短いですが、3か月もあれば成し遂げられることはたくさんあります。

1日1日を大切にして、元気に過ごし、自分に磨きをかけてほしいと思います。(校長)

 

 

2学期終業式

12月23日(木)2学期の終業式を行いました。

オンラインでの式が当たり前のようになってしまいましたが、教室で落ち着いて、写真などを見ながら話を聞くこともできるので良さもあると思っています。

 

終業式の話はこちら⇒07令和3年度2学期終業式式辞.pdf

終業式の後で、各教室では今学期のかけまるマスター認定証渡しが行われました。

 

個人編もあり、一人一人のがんばりを認定する取組です。

今日子どもたちが持って帰りますので、ぜひご家庭でもお子さんをほめる材料になればと思います。

 

1時間目はこれもオンラインで、冬休みのくらしについて、担当の先生からお話がありました。

使った資料はこちら⇒冬休みのくらし.pdf

3つの色の車(消防車・救急車・パトカー)のお世話になることがないように、自分たちの生活をしっかりコントロールしましょうというお話でした。

また今週は各学級で、養護教諭や生徒指導主事による健康で安全な生活についての学習も行われていました。

昨日、今日の休憩時間には、たんぽぽ学級主催の「的あてゲーム」が行われ、たくさんの子どもたちを楽しませてくれました。

 

 長い行列ができました。

うまく当てられるかな?

結構難しい・・・!

たんぽぽ学級の皆さん、楽しいゲームをありがとう♪

廊下にはこんな作品も飾ってありました。

物づくりクラブの「毛糸で作ったツリー」です。

そして、今日の給食は豪華なメニューでした。

フライドチキンに、デザートはクリスマスケーキです。

昼には大掃除を済ませ、いよいよ冬休みに入ります!

2学期もみんなでよくがんばりました花丸

保護者・地域の皆様も、学校の取組への温かい協力をありがとうございました。

************

追記:このトピックを書き終わり、後は下校時刻を待つだけ・・と思っていたところ、体育館からマーチングの音が聞こえてきました。

1月のバンドフェスティバルに向けて、ギリギリまで練習をしていた56年生でした。

がんばれ!と心の中で声援を送りたくなります。

冬休みもきっと家で練習してくるのでしょうね。重い楽器を持って帰っていました。

(校長)

 

 

発表朝会&クリスマス会(4年生)

12月22日

2学期も残すところあと2日です。

今朝は、交流ホールで、4年生によるクリスマスコンサートが開かれました。

「全校の皆さんへの感謝の気持ちを込めて、演奏します」

の言葉で始まったコンサート

「茶色の小びん」「オーラリー」「ジングルベル」などこの季節にピッタリの素敵な曲を聴かせてくれました。

ホールを囲むように集まった全校の心にしっとりと染み入る時間となりました。

 

素敵なプレゼントをありがとう♪

その4年生。午後からはクラスのクリスマス会だったそうです。

楽しそうなのでちょっとお邪魔しました!

 

 

人間まちがいさがし や スプーンレース

イントロクイズに プレゼント探し

自分たちで、気持ちよく楽しめるプログラムを企画していました。

本当に楽しそうな顔でした。

締めくくりの1日として充実した1日だったことでしょうね。

側にいて、私も幸せな気持ちでした。

(校長)

「なないろ」のみなさんによる 読み聞かせ

「なないろ」のみなさんが、楽しい絵本をたくさん読んで下さいました。

みんな、毎月1回の読み聞かせの時間を楽しみにしています。

大型絵本「ねこのパン工場」

「冬至ですね。ゆずをお風呂に浮かべて、ゆず風呂もいいですね。」

香りのよい「ゆず」をもってきて見せて下さいました。

「だれだ」「クリスマス」

「なないろ」のみなさん、いつもありがとうございます。

3学期もどうぞよろしくお願いします。

 

交流ホールの「読書コーナー」がきれいな冬景色になりました。

教務事務支援員の淺田先生が、心をこめてつくってくださいました。

「読書コーナー」の前で、たくさんの子どもたちが本を手にとるようになりました。

街並みも、雪の結晶も、全部切り絵の手づくりです。絵本の1ページのようです。

 「新しい本」のコーナー

 新刊がたくさん入りました。冬休みは、一人3冊ずつ借りて帰ります。

冬休みも親子で読書に親しんでみませんか。

(教頭)

加計っ子祭り2021(全校)

12月20日午後の2時間は、子どもたちにとって、とても楽しい時間となりました。

昨年度から始まった「加計っ子祭り」

たくさんの行事がなくなる中で、何かしら校内で楽しい時間を過ごせたら・・ということで始まりました。

今年度は、児童会の呼びかけで、5・6年生が企画した8つのお楽しみコーナー(各教室)を4年生がリーダーとなって1~3年生とまわるというものです。先週までの間に、1~4年生が楽しめるものを・・と5・6年生が趣向をこらし準備してくれました。

校内には1週間ほど前から、各コーナーの紹介ポスターが掲示されていました。

 

「あきたら あかんで あきかんつり」BGM「およげたいやきくん」に合わせて缶つり。

  

「全集中 高速えんぴつ立て」こちらは生演奏と応援ダンス付き。

時間内に何本鉛筆を立てることができるかな?

  

「動いて 答えて ジェスチャーゲーム」さて、うまく伝えられるかな。

 

「ペーパーしんタワー2021」トイレットペーパーのしんをどこまでつみあげられる??

 

「真実はいつも一つ」こちらは、3つの音を同時に聞いて、言葉をあてるクイズ。結構難しそうです。

 

「記憶力テスト?!しりとりゲーム」前の人がいった言葉をずっとつなげながら、しりとりを続けていくゲーム。

「???」私は3つぐらいしか覚えられない!

 

「これは何でしょう?」箱の中身を手でさわり、班で正解を考えます。

 

「すうじ かるた」読み手が言った数字をカルタのように取り合います。

 

あっという間の60分でしたね。

最後に教頭先生からのお話です。楽しかった人?と尋ねると、全員の手が上がりました。

相手を喜ばせようと考えてくれた5・6年生。

今日の班長4年生。

ルールを守り、仲良く遊んだ1~3年生。

みんなが気持ちよく過ごせた加計っ子祭りとなりました。

冬休み前のいい思い出ができましたね。

(校長)

 

 

 

 

「あきのたからものランド」へようこそ!(1年生)

1年生は、生活科の学習で、こども園あさひの年長さんを招待して、

「あきのたからものランド」を開きました。

 先日、招待状を届けていたので、年長さんも、きっと楽しみにしてくれていたことでしょう。

 

1年生は、見つけたどんぐりやまつぼっくりなどで、おもちゃやプレゼントなど

を作って、今日まで一生懸命準備してきました。

 

司会やはじめの言葉、遊び方の説明、年長さんにもよく分かるように伝えました。

 

「どんぐりごま」「やじろべえ」「けん玉」「魚釣り」「的入れ」

「マラカス」「でんでん太鼓」、どれも楽しそうです!

年長さんの笑顔がたくさんで、1年生もうれしさでいっぱいの楽しい交流の時間

となりました。

(教頭)

 

 

 

 

 

修学旅行から帰ってきました!(6年生)

16日夕方、2日間の旅程を予定通り終え、6年生が加計に帰ってきました。

バスから降りた顔がとても満足そうで、楽しく思い出いっぱいの旅行となったことが伝わってきました。

この旅行を無事に終えることができたのも、たくさんの方の支えがあったからこそ。

そんなことにも思いを馳せることができたようです。

おかえりなさい、6年生。

お土産話を楽しみにしています。

(校長)

修学旅行に出発しました(6年生)

12月15日~16日の2日間、6年生は町内の4つの小学校合同の修学旅行に行ってきます。

コロナ禍で、2回の延期を経ましたが、本日出発することができました。

2日間、たくさんの経験をし、友情を深め、6年間の集大成の思い出を作ってほしいと思っています。

早朝より、保護者の皆様にはお見送りをありがとうございました。

旅行の様子は、お知らせしているパスワードを使って、限定公開ページにログイン後、6年生のブログで随時お知らせします。(6年生保護者のみ閲覧可となっております)

よい旅を!

留守中は、5年生が加計小のリーダーです。

こちらもやるき満々です。どうぞよろしく!

(校長)

いじめストップ集会

児童会が中心となり、全校で「いじめストップ集会」を行いました。

一人ひとりがいじめをゆるさないという強い気持ちをもち、

自分たちの手で、いじめをゼロにしていこうという児童会の取組です。

 

まず、学校で困っていることを出し合い、

次に、その課題解決に向けて、

どんなことができるかを各学年で話し合いました。

各学年で決めた行動宣言は、

「友だちとの、あいさつやコミュニケーションを大切にしよう」

「いったん 落ち着く。自分も人も大切にしよう」

「みんながなかよくなるために いろいろな人と遊ぼう」

「誰にでも 公平に接しよう」

 最後に、校長先生が、

「いじめをゼロにするためには、いじめ見逃しをゼロにしましょう。

『気づいて 考えて やってみる』を実践していきましょう。

友だちに伝える時には、『~しない。』ではなく『~しよう。』に代えていきましょう。」

と話をされました。

誰もが、笑顔で楽しい学校生活がおくれるように、みんなで行動にうつしていきましょう。

(教頭)

 

 

 

「環境と健康のポスター・標語コンクール」表彰

今年度の「環境と健康のポスター・標語コンクール」に本校の3年生と6年生が標語を応募しました。

そのうち、3年生と6年生の作品がそれぞれ奨励賞と優秀賞に選ばれました。

今日は、安芸太田町加計地区の佐々木副会長さんが学校に来てくださり、全校児童の前で表彰状を渡してくださいました。

2人の作品はこちら

「ゴミ拾い 通学中に やってみよう」(低学年の部 奨励賞:3年生佐々木くん)

「とりもどす 緑のダムを 木を植えて」(高学年の部 優秀賞:6年生大倉さん)

毎日の生活や社会科で考えたことをもとに、自分の言葉で環境を守る行動を言葉にできていますね。

2人の作品は、のぼりにしていただき、学校の東門前に立てています。

毎日、目にしながら、環境について考えるきっかけになるといいと思います。

併せて、学校奨励賞として、学校に図書カードと本をいただきました。

ありがとうございました。(校長)

 

2学期末PTAを行いました

12月9日(木) 2学期末のPTAを行いました。

今回もたくさんの保護者の皆様に来ていただきました。

いつもありがとうございます。

 

 

  

  

 

今回は全体会をオンラインで教室と結んで行いました。

 

もうすぐ冬休みです。

最後の仕上げをがんばりましょう。

(校長)

人権の花~その後~

11月末に、町人権擁護委員の皆様からお預かりした「人権の花(ヒヤシンス)」栽培セット。

先日、児童会本部の人たちが、それぞれの教室に配ってくれました。

校内放送では次のようにアナウンスしてくれました。

「児童会からのお知らせです。昨日、児童会が配ったヒヤシンスは何色にするか決めましたか。きれいな花を咲かせてくれるようにヒヤシンスに名前をつけてあげてください。しっかりとお世話をして、きれいな花を咲かせましょう。」

放送を聞きながら、児童会役員の子どもたちの優しい気持ちが伝わってくるようで、とても嬉しくなりました。

さて、今日、教室に行ってみると・・・

 

水道の流し台の下にヒヤシンスを移動させていました。

根が出るまでは、暗いところで育てるためです。

そして、なんとヒヤシンスに名前が付けられていました!

「白ちゃん」「レッドくん」など・・。

児童会役員さんの放送がちゃんと届いていたのですね。

春に花が咲くのがとても楽しみです。(校長)

大根収穫!(2年生)

12月3日(金)

見入が崎でお借りしている畑に大根の種をまいてから約3か月。

野菜づくりの先生 河野さんと山根さんのお力もずいぶんお借りして、立派な大根が育ちました。

いよいよ2年生が収穫。

大きくなった大根に埋もれそうな2年生・・・。

太くて立派な大根に育っています。

抜いた後は、側の水路で洗います。

軽トラックの荷台1杯分の大根が収穫できました。

良かったですね。大根は2年生がそれぞれ家に持って帰りました。

美味しく料理してもらったことでしょう。

12月6日(月)

大根がたくさんとれたので、近くの「月ケ瀬温泉」にお届けすることになりました。

 

月ケ瀬温泉のお店と地域の高齢者の皆さんへの宅配弁当の素材として使ってくださるとのことです。

喜んでいただけてよかったです。

2年生もとても嬉しそうでした。

(校長)

 

服務規律研修 交通事故防止

加計小学校教職員は、不祥事防止に向けた取組として、

毎月1回の服務規律研修を行っています。

 12月は、山県警察署地域交通課の兼友様に来ていただき、

「交通事故防止」についての研修を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DVDの視聴を通して、「道路に潜む危険」について考えました。

左右見通しの悪い交差点では一時停止、左右の確認、減速で運転すること。

スマホ運転、ながら運転の禁止。飲酒運転防止のために気をつけることなど

御指導いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「心にゆとりをもって」

「予測運転をしよう(もしかしたら~かもしれない)」

「冬道の急発進、急加速はしない」

を心がけ、安全運転・無事故・無違反をめざします。

(教頭)

 

季節満載の作品です(たんぽぽ学級)

たんぽぽ学級の前にこんな素敵な作品が飾ってありました。

近づいてみると、たくさんのもみじの葉を型にはめて作った小物入れです。

色も変わらずにこんな風にできるんですね。

さて、何を入れましょうね。

隣には丸めた紙で作ったブドウの房が飾ってあります。

色合いも、丸まり具合もいい感じです。

ここに来ると、季節を感じることができます♪

(校長)

かけ算がんばっています!(2年生)

休憩時間に校内を歩いていると、2年生の子どもたちによく声をかけられます。

なぜかというと・・・

2年生は、只今かけ算の修行中だからです。

10月からかけ算の学習がはじまり、かけ算九九の暗唱をすべてクリアしようとがんばっています。

校内で出会ういろいろな先生方の前にも行列ができていました。

 

小学校の基礎的な計算力として

①答えが20までのある足し算(くり上がりあり)

②引かれる数が20までのひき算(くり下がりあり)

③かけ算の九九

④筆算を使わずにできるわり算(かけ算九九の逆)

を暗算できる力をすべての児童が身に付けることが大切です。

2年生はまさにその3つ目の大切な時期ということです。

ご家庭でも協力していただいており、ありがたい限りです。

冬休み明けには、ぜひ③をクリアしてほしいと思います。

がんばれ!2年生

(校長)

ようこそ!カサンドラ先生(4年生)

ALTのカサンドラ先生が、加計小学校へ来て下さいました。

カサンドラ先生は、アメリカ合衆国ロサンゼルス出身です。

日本のアニメや和食(鰻やうどん)が大好きだそうです。 

4年生「ほしいものは何かな?」の学習では、ピザに何の具をのせたいかを考え、

カードに絵を描いて、英語で発表しました。

カサンドラ先生は、みんなが分かるまで、優しく、丁寧に教えてくださいます。

給食の時間や休憩時間、掃除時間も、子ども達と一緒に活動してくれています。

先生のおかげで、加計小学校の子どもたちは英語が大好きのようです。

(教頭)

 

 

どちらが混んでいる???(5年生)

最近の授業風景を紹介します。

5年生の算数「単位量当たりの大きさ」です。

今回の授業は、その最初の時間。

部屋の面積と中にいる人数で、その部屋の込み具合を考えるという問題です。

なんとなく、混んでいる・・・という感覚はあるのですが、微妙な違いは数字で考えなければはっきりしたことはわかりません。

3つの資料をもとに、実際におはじきなどで考えていきました。

 

なんとか条件をそろえられないか・・・どのグループも四苦八苦しています。

同じ面積で人数が違う時は、人数の多い方が混んでいる

面積がちがっても、人数が同じなら、狭い方が混んでいる

じゃあ、面積も人数も違う時は・・・どうするの???

いいですね。こういう試行錯誤ができる5年生は素晴らしいと思います。

 

 

面積と人数の関係を分数で表し、通分するという方法を考えたグループもありました。

最後は、みんなでクロストークです。

条件をそろえていけば、違うものどうしでも比べられる!ということにまとまったようです。

これからは、どうやって条件をそろえるか、計算は?出てきた数字をどう読むか。

まだまだ道は長いですね。

でも、そうやって実感を伴わせながら、この難しい単元を自分たちのものにしていってくれそうです。

がんばれ!5年生

(校長)

「人権の花(ヒヤシンス水耕栽培セット)」をいただきました

今朝、久しぶりのオンライン全校朝会をしました。

12月4日からの人権週間に向けて、子どもたちに話をしました。

加計小学校の教育目標「気づいて 考えて やってみる~自分を大切に 人を大切に 力を合わせて~」をもとに、私たちの生活の中で、考えたい「一人一人の大切さ」について話をしました。

校長の話はこちら⇒人権週間によせて.pdf

 

午後から、町の人権擁護委員の皆さんが来校され、今年も人権の花の贈呈をしていただきました。

児童の代表は、児童会役員の3人です。

これまでも、毎年ヒヤシンスの水耕栽培セットを全校児童一人ずつにいただき、各教室で育ててきました。

植物を大切に育てながら、優しい気持ち、思いやりの気持ちも一緒に育てていきたいと思います。

これから寒い季節になりますが、校内で大切に育て、春には良い香りが漂うことでしょう。

人権擁護委員の皆様 ありがとうございました。

(校長)

1・2年生 社会見学(広島市安佐動物公園)

11月22日(月)1・2年生が待ちに待った社会見学(広島市安佐動物公園)へ行ってきました。

小雨の中の出発でしたが、到着する頃には雨も止んできて、園内全て見学することができました。 

      

 

 

 

 

 

 

 

1・2年生が2人ペアとなり、2年生が1年生を優しくリードしながら見学しました。                

 

 

 

 

 

 

 

 

「シマウマさーん。こっちへおいで~。」

「チーターは時速110㎞で走ることができるんだって。」

「チーターの足は、長くて速く走れそうだね。」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物クイズに挑戦! 「ポニーの足の指は何本?」

水中カメラをのぞいてみると・・・ 「エビがいるよ!」

ぴーちくパークでは、リス、ウサギ、ペンギンなどたくさんの小動物に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待ちに待ったお弁当の時間。「みんなで食べるとおいしいね。」

お家のみなさん、おいしいお弁当をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気のレッサーパンダが、すぐ近くまでやってきてくれました。

「レッサーパンダかわいいね。」「おいしそうに、笹の葉を食べているよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会見学を通して、1・2年生がさらに仲良くなりました。

社会見学を実施することができ、子ども達の楽しい思い出がまた一つ増えました。

園内をきれいに掃除して下さっている方、動物のエサを運んでいる方、

安佐動物公園で働いておられるみなさんのおかげで、

たくさんの素敵な動物に出会うことができました。

ありがとうございました。

(教頭)

マラソン大会①②(全校)

昨年度はできなかったマラソン大会。

今年は、17日、19日の2日間で実施することができました。

なぜ2日?それは後程・・・。

天候にも恵まれ、緊張した面持ちの中、大会が始まりました。

コースは加計小グランド~路上~加計高校グランド~路上~加計小です。

高学年2000m、中学年1500m、低学年1000m。

10月から大休憩に校庭を走り、少しずつ練習をしてきました。

「緊張するぅ・・・」といいながら集合した子どもたち。

本番前に緊張することはとても大事なこと―それを乗り越えたとき(いや、乗り越えようとしているとき)に心が少し成長するのだと思います。スタート前にそんな話をして送り出しました。

 

マラソンが初めての1年生も一生懸命走り切りました。

平日にも関わらず、たくさんの保護者の皆さんが応援に駆けつけてくださいました。

ありがとうございました。

******と無事に終わったはずだったのですが。

マラソン大会終了後、疑義が発生しました。

試走のタイムと比べて、その差が大きすぎる記録が複数見られたのです。

詳しく見ていくと、高校のグランド周回数の数え間違いが起こったことがわかりました。

原因は複数考えられました。(それは学校側の計画上の不備だったと考えています)

中学年については、今回のタイムが正確ではないと判断し、協議した結果、予備日であった19日に、中学年のみマラソン大会を再実施することにしました。

前日、子どもたちに説明し、謝りました。

2回も走るの???と思われても仕方ないことでしたが、3・4年生は拍手をして受け入れてくれました。

申し訳ない気持ちとありがたい気持ちでいっぱいになりました。

(子どもたちの温かい気持ちが沁みました)

19日

マラソン大会再実施

 

みんな本当に一生懸命走りました!

さて、記録はどうだったかな。

間違ったら、ちゃんと謝ってやり直す・・・子供も大人も同じですね。

今回、子どもたちにいろいろなことを教えてもらいました。

私たちも次に生かしていきたいと思います。

(校長)

地域の方の学校訪問がありました!

★11月17日

第2回加計小学校コミュニティスクールがありました。

年3回委員の方に加計小学校に来ていただき、学校の取組や児童の様子などをみていただき、加計小学校教育の充実について協議をしていただいております。

今回は、全学年の授業参観・校舎内見学をしていただき、その後、学校評価自己評価表中間まとめについて協議いただきました。

授業の様子を熱心に見てくださいました。

委員の皆さんから、子どもたちが落ち着いて一生懸命学習していますねと褒めていただきました。

今回いただいたご意見をもとに、年度末までの取組をさらに進めていきたいと思います。

★11月18日 

民生委員・児童委員協議会(加計支部)の皆さんが学校に来られました。

校区内の各地区で、子どもたちの暮らしを温かく見守ってくださっている皆さんです。

「学校に元気に通っていますか」

「安全に通学できていますか」など、日ごろからの様子も交えて、ご質問いただき、協議しました。

地域の皆さんにたくさん応援していただいていることに深く感申し上げます。

(校長)

 

 

林業体験(5年生)

11月16日午後 5年生は安芸太田町産業振興課・太田川森林組合の皆さんのお力添えで、「林業体験」をしました。

安芸太田町は総面積の9割が森林だそうです。

今回は戸河内地区の内黒山周辺の山林で間伐の体験をしました。

昔から、この豊かな山を守り育ててきた歴史があります。

安芸太田で育つ子どもたちがその一端を経験し、新しい発見をしてほしいと願います。

職員の方から、林業について紙芝居でわかりやすく説明していただきました。

 

今回は自然林の間伐。この班はクヌギの木を伐ります。

年輪をみると15年もののようです。

切り倒したあと、それぞれ薄く輪切りにして、コースターづくり。

のこぎりを使うことがだんだん上手になりました。

最後にチェーンソーの実演を見せていただきました。

道具の力はすごいですね。

代表して児童挨拶です。

「林業の仕事がよくわかりました。

大変だなと思いましたが、ぼくもこんな仕事に関わってみたいと思いました。」

その場で感じたことを上手に言葉にしていました。

それだけ心に残る体験だったのでしょう。

一人一人、切った木材を持って帰りました。家で今日の体験を語ってくれたことでしょう。

森林の働き、山を守る人々の仕事―社会科での学習につなげ、「はたらく」ということについても考えるきっかけになることを願います。

(校長)

店ではたらく人が大事にしていることは?(3年生)

先週から3年生は社会科で「店ではたらく人」の学習をしています。

事前に各自で家の人に聞き取りをし、どんなお店に買い物にいくのか、なぜその店を選ぶのかなど調べたようです。

(3年生のおうちの皆様、御協力ありがとうございます)

この一連の学習で子どもたちの問いとして「お店の人は、売り上げを伸ばすためにどんな工夫をしているのか。」を立てました。

予想を立てた後、知識構成型ジグソー法を用いた授業を4時間行い、4つの視点で整理していきました。

先週から何回か3年生の学習の様子を見に行きました。

身近な学習材ということもあり、また、事前にしっかり聞き取りもしてきたこともあって、毎時間、資料を見ながらしっかり話しこみ、考えを作っていました。(3年生は本当によく話をします!)

 

それぞれのグループが考えた工夫をキーワードにして、その理由を含めて全体で検討していました。

 

今日は、研究授業でもあり、校内の先生方も参観に集まっていましたが、いつも通りよく話し、よく考えた1時間でした。

いよいよ今週、近くのスーパーに見学にいくそうです。

ここまで考えてきたことを実際に見聞きして、さらに「工夫」を見つけ、関係づけて深めていってほしいと思います。(校長)

 

小松菜収穫!(1年生)

11日朝、9月から年長組さんと一緒に育てていた小松菜・水菜・はつか大根・ミニ大根の収穫をしました。

あいにくの雨ではありましたが、みんな手を泥んこにしながら、収穫していました。

 

幼小接続教育の一環で、ここ2年間、こういった園所と小学校の共同体験を行っています。

小松菜栽培は、町内の三原さんに指導にきていただき、加計小・こども園あさひ・修道保育所で合同で取り組みました。

1年生も毎朝、あさひの畑に行き、水やりや観察をしました。

少し小さめですが、その分柔らかくておいしい小松菜ができました。

こういう関わりの中で、1年生には上級生としての自覚と生活科の気づきの充実を、年長組さんには小学校へのあこがれと安心感を少しずつもってもらうのがねらいです。

たくさんとれた小松菜は・・・(修道保育所さんでも収穫しました)

12日(金)の給食メニュー「小松菜ときのこのあえもの」になりました。

教室に行ってみると・・・

嬉しそうに美味しそうに食べている1年生!

大事に育ててくれたんだね♪柔らかくて味のしっかりした小松菜でした。

ごちそうさまでした!(校長)

 

加計共同調理場の栄養士さんにお話を聞きました(2年生)

11日 2年生生活科の学習で加計共同調理場の栄養士さんに来たいただき、そのお仕事について話を聞きました。

 

給食ができるまでの流れや調理員さんたちとどんなことを気を付け、どんな思いで給食を作っているかを写真や実際の道具を使って、わかりやすくお話してくださいました。

質問タイムでは、子どもたち目線の質問がたくさん出ました。

「毎日たくさん作るから、土日にも作っているのですか。(おうちではお弁当のおかずを作り置きとかしているので)」

「土日にはお仕事はありません。その日の給食はその日の朝から作ります。」

「えええぇ!!」(驚きの声)

その他、給食配膳用のエプロンと帽子の正しいかぶり方も実演していただき、早速、その後の給食配膳にとりかかったようです。

安心安全な給食を届けるように細心の注意を払って作られていることを知りました。

教室で配膳する際にも、その気持ちを引き継いでする必要があることに気づいた2年生でした。

いつもおいしい給食が食べられるのも、調理場の皆さんのお陰です。

ありがとうございます。(校長)

11月9日中学校体験入学(6年生)

卒業まで半年を切り、加計中学校の体験入学がありました。

緊張気味の6年生・・・。

校長先生のお話を聞きました。

授業体験は家庭科「未来につなぐ持続可能な食生活のために私たちができることは何だろう」

う~ん、テーマがさすが中学校!

でもいつもの協調学習(ジグソー法)での学習だったので、子どもたちはリラックスしていつもどおり考えていました!

 

さて、おまちかねのドキドキ「部活体験」です。

 野球部

 バレー部

 卓球部

 テニス部

緊張したけれど、とても楽しかったそうです。

半年後の自分を思い浮かべながら、小学校生活の最後の日々を充実させてほしいと思います。

中学校の皆さん、ありがとうございました。(校長)

芸術の秋~校内作品紹介~(3・4・5・6年生)

校内を歩いてみると、教室の周りに様々な作品が展示されています。

【4年生】想像を働かせて

【3年生】秋の絵手紙

 

【5年生】秋で一句

【6年生】色画用紙の切れ端から

校内をまわるのが楽しい日々です。(校長)

防災・減災教室~みんなで自分の命を守る行動を!~(4・5・6年生)

11月2日の参観日には5・6年生、5日は4年生が参加して、防災・減災教室を開きました。

今回は、「ひろしまマイタイムラインをつくろう」ということで、広島県みんなで減災推進課から3名の職員の方に来ていただき、自分たちの命を守る行動をとれるように様々なお話をしていただきました。

 ←2日には保護者の参加もあり、よかったです。

「ひろしまマイタイムライン」=「私の防災行動計画」のこと。

たった一つの命です。自分はもちろん、自分の周りの人と一緒にみんなで助かろう―そういうメッセージがこめられています。

一人ずつ、VR(バーチャルリアリティー)体験もしました。

画面を見ると、土砂災害の危険が迫ってくる様子を四方見渡しながら体験することができます。

実際の災害の画像を見て、「これ、ひどい・・」「こわいなぁ」とつぶやいている子もいました。

その後、自分の家の状況を考えながら、プリントに書き込みを行い、実際に自分がどう行動することがいいかを考えていきました。

各家のマイタイムラインは、今後、子どもたちが家庭に持ち帰って作成することになります。

これを機会に、ぜひご家庭で話し合ってください。

オンラインで作成するタイプもありますので、こちらのHPを参考にしてください。

https://www.gensai.pref.hiroshima.jp/mytimeline/

また、防災グッズも紹介していただきました。

いつも食べているお菓子なども防災食なります。

日頃から、さっと持ち出せる食べ物を用意しておくことはすぐにできそうだなと思いました。

命を守る行動を―簡単に言いますが、実はその第1歩がなかなか出ません。(私の反省)

今回の学びがその第1歩を踏み出す力になればと願います。

(校長)

11月4日マラソン大会試走(全校)

昨年度は、路上でのマラソン大会は行いませんでした。(校庭の周回でタイムは測りました)

今年度は、小学校~加計高校グラウンドを走るコースで、マラソン大会を行う予定です。

 

 全体でコース等の説明を聞きました。

1・2年生は1000m 3・4年生は1500m 5・6年生は2000mを走ります。

今日は、初めて路上を走るため、コースの確認をして、実際に本番のように走ってみました。

 

業間で走り始めて、1週間。

まだまだ走り込みは足りていないと思いますが、得意な人も苦手な人もそれぞれのペースで一生懸命走っていました。試走では、コースを確認することと同時に、自分の走りの現状を知ることを目標にしました。

本番の17日に向けて、自分自身を分析し、精一杯の記録を出せるよう努力してほしいと思っています。

 

【小さな大ニュース!】

今朝、1年生が「校長先生!校長先生!すごい!すごい!カマキリの赤ちゃんがたくさん生まれました!!!!」

と校門に立っていた私に言いに来てくれました。カマキリの卵をみんなで虫かごで飼っていたそうです。

急いで見に行ってみると・・・

「今日はカマキリさんの誕生日♪」と嬉しそうな1年生たちです。

夕方には、草原に放してあげたそうですよ。

Happy Birthday カマキリさ~ん♪元気に大きくなってね。

(校長)

 

11月2日自由参観日&マーチングバンド発表会(全校)

4月の参観日以来の参観日となりました。

1時間目から3時間目までの自由参観、4時間目には運動会で披露できなかったマーチングバンドの発表会も行いました。

9割を超えるたくさんの保護者の皆様にご来校いただきました。

子どもたちもいつも以上にがんばっていました。

やはりおうちの方に見ていただくと嬉しいのですね。

 

 

3時間もあったので、いろいろな学習の様子を見ていただくことができました。

また、県防災課の方に防災教室を開いていただき、保護者の皆様も一緒に体験等をすることができました。

詳しくはまた紹介したいと思います。

4時間目はマーチングバンドの発表会。

2か月間練習ができない中で、10月の1か月で集中的に練習してきた成果を披露できました。

こちらもたくさんの皆さんに集まっていただきました。

新しい衣装も披露できました。

お忙しい中、長時間子どもたちの様子を見ていただきありがとうございました。(校長)

 

 

11月1日 「犯罪防止教室」をしました(全校)

11月になりました。

今朝はいつもよりも冷え込みが少なく、過ごしやすい1日でした。

今日は、2校時から4校時に「犯罪防止教室」を行いました。

それぞれ低・中・高学年ごとに集まり、山県署生活安全係の警察官の方を講師に招いて、スマホやタブレットで起こるトラブルや犯罪、いじめについて考えました。

 1・2年生

 3・4年生 

まずは、ビデオ視聴

学校で起こるいじめについて考えました。

「警察官の仕事は、犯罪を取り締まることです。僕たちは、法律にそって取り締まりを行います。いろいろな法律がありますが、日本で一番大切な法律は何か知っていますか?それは『日本国憲法』です。日本国憲法には、『誰もが幸せに暮らす権利がある』と書かれています。」(山県署の警察官の方のお話)

そんなお話から、いじめ問題を考えていきました。

最初は些細な出来事や気持ちでも、それがだんだんエスカレートし、いじめられた人はもちろん、いじめをした人たち、周りでそれを見ていた人たちみんなが「けっして幸せな状態ではない」ということを確認しました。

つまり、「いじめ」は犯罪と同じだと。

これくらい大丈夫だろうというものではないということです。

それを解決できるのは、自分たちであることも学びました。

「みんなが幸せに暮らせること」―もし私たち自身、また身の回りでそのことが脅かされているのなら、何とかして解決していかなければなりません。

 5・6年生

2つ目は、SNS等でのトラブルの危険性について考えました。

子どもたちには、一人一台タブレットも手渡され、家ではスマホを使っている人もいます。

便利な道具ではありますが、怖い道具にもなることを改めて知りました。

そんなことにならないように合言葉を教えてもらいました。

「いかのおすし」ならぬ「あとがこわい」です。

あ・・・会わない

と・・・撮らない

が・・・画像を送らない

こ・・・個人情報をアップしない

わ・・・悪口を書かない

い・・・いじめない

だそうです。しっかり覚えて、犯罪から自分たちの身を守るようにしていきたいと思いました。

山県署の方には、丁寧に指導していただきました。一人一人が今日の学習でどんなことを感じ、考えたでしょうか。

自分たちを振り返るきっかけにしてほしいと思っています。(校長)

 

 

10月29日「小学校へようこそ!(年長組さんご招待)」(1年生)

今日、1年生は朝からドキドキワクワクの1日でした。

こども園あさひと修道保育所の年長組さんを招待して、学校探検を行う日だからです。

9月から、一緒に小松菜を育てて、つながりを深めてきました。

これまで、生活科でたくさん準備をしてきました。

どんなことを教えてあげようかな。

何をやったら喜ぶかな。

ちょうど1年前、今の2年生が、自分たちを招待してくれた時のこともきっと思い出したことでしょう。

そして迎えた本番。

昨年好評だったランドセル体験からスタート!

「かもつ列車♪」の歌に合わせてジャンケン大会!

いよいよメインの各教室での体験へ出発です。

1年生が考えた楽しい体験コーナーで、年長組さんたちも小学校への憧れが少し膨らんだことでしょう。

最後は、名残惜しいけど・・・。また来てね♪とひとりひとりにプレゼント。

後姿がかわいいですね。

小学校入学まであと5か月です。今から楽しみです。

そんなワクワクをプレゼントしてくれた1年生の皆さん、どうもありがとう♪(校長)

番外編

これは、今日の計画を知った2年生が、心配そうに1年生の様子を見に集まってきたところをパチリ。

私たちもやったよねぇ・・・と懐かしみつつ、バトンが受け継がれていく嬉しさも感じてくれたことでしょう。

10月26日協調学習研修会(学びの変革推進協議会)

「学びの秋」まっさかりの今日この頃です。

26日には、校内で6年生の協調学習(知識構成型ジグソー法を用いた)授業研究会を行いました。

この会は、安芸太田町学びの変革推進協議会研修会として行い、町内小中学校の先生方が来校されました。

また、今年度、安芸太田町が文部科学省の指定を受けている「学びにおける先端技術の効果的な活用に関する実証事業」において、事業の実際を文部科学省担当者等が訪問調査する会も兼ねて行われました。

(感染症対策は十分に行った上で実施しています)

4月の参観日以来、多くの参観者に囲まれて、さすがの6年生も最初は緊張気味でしたが・・・。

やがていつもの姿に戻り、算数「組み合わせ方」についての問題を、対話をしながら解決していくことができました。大学の先生や文部科学省の方々からも、その熱心な学びの姿を高く評価していただきました。

さて、この教室はどこか・・・と言いますと。

以前はパソコン教室として使っていた部屋です。(図書室の向こう側にあります)

一人1台タブレットになり、以前のようにパソコン教室に行かないとパソコンが使えないという状況がなくなりました。パソコン教室としての役割を終えたので、この度「アクティブラーニングルーム(ALR)」として生まれ変わりました。

ここではどんなことができるか。部屋の入り口にはこんな掲示があります。

詳しくは、こちらをご覧ください⇒ALR掲示.pdf

この部屋は、子どもたちが様々な学習課題を協働的に解決しやすくするようなレイアウトになっています。

また、テーブルの上に置いてある「360°カメラ」と「ピンマイク」を使うことで、グループで協働的に考えているときの対話を録画&録音することができます。その音声は、ソフトを使うと音声認識から文字化することができます。教員は、自分の授業で子どもたちがどう学んだか、どんなことに疑問をもったり、考えを作り替えたりしていったのかを丁寧に見取ることができるようになります。そのことで、教員の授業力を上げることが目的です。

さらに、ここでの授業は、オンラインで遠く離れた大学の先生や他の学校に配信することもできます。

(個人情報保護の対策は済ませています。)

現在のように、行き来が難しい時でも、多くの先生方と授業研究ができるようにもなっています。

私たち教員が、子どもたちの学びの姿から、自らの授業力を高めていくためにもこのALRを有効に使っていきたいと思います。

子どもたちも教員も、アクティブに自らの学びを深めていく場所として、加計小学校に位置づいていければと思っています。

今後、参観日等でもここでの授業を見ていただけるように計画していきたいと思います。(校長)

 

加計小学校 わくわく交流ホール

加計小学校「交流ホール」には素敵なコーナーがたくさんあります。

「本の紹介コーナー」

図書委員のみんなが選んでくれた「秋のおすすめの本」があります。

読書の秋です。どんどん読みましょう。

本の周りを彩るきれいな「紅葉」「銀杏」「桔梗」は、教務事務支援員の淺田先生がつくってくださました。

本物かと思うほどです。交流ホールが、すっかり秋になりました。

「冬瓜」にまつわるクイズもあります。楽しいですね。

この「冬瓜」は読み聞かせボランティア「なないろ」の佐々木さんに

いただきました。立派な冬瓜ですね。

 

「スイスイ コーナー」

「スイスイコーナー」には、かわいい「メダカ」を見ることができます。

地域の方にいただいた「メダカの赤ちゃん」も大きくなりました。

 「英語コーナー」

5・6年生が英語の時間に学習したことを紹介しています。

「いいねの木」

全校みんなのがんばり、いいところを見つけてカードに書いて紹介しています。

今回は、運動会でのがんばりを、みんなで伝え合いました。

 

 加計小学校の「交流ホール」、学校へお越しの時は、ぜひ見て下さい。

教頭

 

さつまいも堀り(その後)

1年生が、先日、地域の方の畑で掘らせていただいた「さつまいも」を

全校のみんなにプレゼントしてくれました。

 一生懸命、新聞紙にくるんで、

  

各学年ごとに、数を数えて並べました。

「全員分あるかな。」「たしかめてみよう。」

 

  

「1、2、3、4・・・」 「あれ、分からなくなっちゃったよ。」

「10のまとまりにして数えてみようよ。」

「10のまとまりをつくると、まちがえずに数えることができたよ。」

  

その後、全校児童にさつまいもが届けられました。

さつまいもは、加計調理場にもお届けします。

いつか、給食のメニューに登場するそうです。

楽しみですね。

1年生のみなさん、おいしいおいもをありがとうございました。

教頭

 

 

胸に響いた「和楽器コンサート」

10月18日 加計小学校の体育館で「民音学校コンサート~AUN&HIDEコンサート」がありました。

たくさんの子どもたちに音楽の感動を届けたいというこのコンサート。

これまでも県内各小中学校でのコンサート活動をされています。

今回は、加計小中学校の児童生徒を招待していただき、コロナ禍の中で安全な開催となるよう工夫しながら無事に行うことができました。

AUN&HIDEの和楽器ユニットは、「鬼太鼓座」出身、双子の和楽器ユニットAUN(アウン)さんと「鼓動」出身の鳴物師 HIDE(ひで)さんの3人のグループです。いずれも世界でも活躍されているそうです。

子どもたちにとっては、地元の神楽等でなじみの和太鼓や篠笛、チャパなど楽器です。

体育館全体に響き渡る音に、子どもたちは手拍子をしながら、(時には体でリズムを取りながら)大変楽しく鑑賞していました。

1時間ほどのコンサートで、8曲を披露してくださいました。

昨年ヒットした「紅蓮華(鬼滅の刃のテーマ曲)」もあり、あっという間の楽しい時間だったと思います。

最後に、児童代表のお礼を6年生がしてくれました。

本物の音に触れる体験、人を感動させるパフォーマンス、会場が1つになって楽しむ空気

そんないろいろなものを届けていただきました。

子どもたちはどんな感想をもったでしょうね。

この機会をいただけたことに、感謝いたします。

(校長)

校内にサツマイモ畑出現?!

昨日、校内をまわっていると、中央階段付近に見慣れないものが・・・。

近づいてみると、

図工で作ったサツマイモ!!1年生が新聞紙と絵の具で制作したそうです。

色も形も大きさも大変立派なサツマイモです。

ちょうど1週間前、殿賀地域の方から学校に「うちの畑のサツマイモを小学生に掘ってもらえんかね」とお電話をいただいたのです。お聞きすると、民泊等で用意されたサツマイモ畑ですが、今の状況で民泊も行えず、それなら小学生にと声をかけてくださったとのことでした。

早速、1年生みんなで殿賀のサツマイモ畑へ♪

広い畑でたくさんのサツマイモを掘らせていただきました!

みんな夢中になって掘りました。持ってきた袋にいっぱいいっぱい詰め込んで、持って帰るのが大変な子もいました。帰りにふかしたサツマイモもいただき、大満足の1年生でした。

その体験があったからでしょう。

立派な図工の作品ができました。

声をかけてくださった地域の方に感謝申し上げます。ありがとうございました。(校長)

 

交通安全プログラム

 安芸太田町では、子ども達の登下校時の安全安心確保のため、「安芸太田町通学路交通安全プログラム~通学路の安全確保に関する取組の方針~」を策定し、広島県西部建設事務所安芸太田支所、山県警察署、町建設課、教育委員会と連携し、通学路の点検を実施し対応策を講じています。  

 

9月28日には、交通安全プログラム参加者の皆様に、実際に校区を歩いてもらいながら、危険箇所等を確認し、今後の対応について協議していただきました。

歩道のラインを引くことや、グリーンベルトの設置等検討していただきました。

また、側溝のふたの工事など、学校からも要望をしました。

山県警察署の皆様には、交差点の安全な渡り方を御指導いただきました。

今後の登下校指導に生かしていきたいと思います。子ども達の安全のために、様々な面でたくさんの皆様にご協力いただいておりますことに感謝いたします。

(教頭)

運動会予行練習

9月29日(水)運動会の予行練習を行いました。

昨年度同様、午前中の半日開催。

種目も低・中・高学年ごとに、今の状況に応じた内容を考えて練習してきました。

また、4年生以上は当日の運動会運営に係る様々な係を分担しています。

予行練習では、これまでの練習・準備を確かめ、本番までに修正すべきところを見つけるつもりで、子どもたちも、教職員も真剣に取り組みました。

係のテントでは、開始までの時間を使って、それぞれ入念な確認をしていました。

こういう姿を見ると、「きっと運動会はうまくいくはず!」と嬉しくなります。

開会式。練習回数は少ないのですが、みんな真剣な顔・姿勢をしています。

大きな声は出せませんが、気持ちを表すには十分です。

それぞれの種目。一生懸命さが伝わります。

 

1年生にとっては初めての運動会。

6年生にとっては最後の運動会。

2日の本番に向けて、全員で、最後の仕上げと参りましょう!

(校長)

 

 

運動会テーマ発表&結団式

10月2日の運動会本番に向けて、少しずつ準備が始まっています。

6年生にとっては、小学校最後の、そして、学校のリーダーとして最初の大きな学校行事を迎えます。

コロナ禍で制限はあるものの、そんなことはみんなのアイディアで乗り越えて、できるだけ楽しんでほしい・・・と思っています。

まずは、運動会のテーマ決定!

今年は、事前に6年生が学級で検討した3つの案から、全校による投票で決定しました。

その方法がこちら

はい、3年生以上が使っている「まなびポケット」でのオンライン投票。1・2年生は別に投票してもらい、総合得票数で決定したそうです。

「加計小2021 ~その流した汗が 金メダル~に決定!

先日、紅組白組団長による結団式も行われました。

これも例年はそれぞれ別の会場で行っていましたが、今回はオンラインで行いました。

団長の決意表明

団旗の贈呈

もう一つ、いつもと違う演出がありました。

それは、子どもたちが自作した結団式のPRスライドです。

期間限定で公開します。↓

https://youtu.be/Du3R6gXsWs8

当日までにたくさんの金メダル級の姿が見つけられるよう、私も頑張ろうと思います。

(校長)

大根の種まき(2年生)

2年生が生活科の学習で、大根の種まきをしました。

1学期からお世話になっている、畑づくり名人の山根さん、河野さん、社協の戸田さんに御指導いただきました。

 

「種は、10㎝間隔でそっとおいてあげよう。」

「土もふわっとのせてあげてね。」

子供達は、1つ1つの種を大切にしながら種まきをしました。

さつまいも畑の草取りもがんばりました。

2年生が6月に植えたさつまいもの苗は、残念ながら猿にいたずらされてしまいました。

しかし、苗の半分ぐらいは元気に育っています。

10月には、大きなさつまいもが収穫できますように。(教頭)

 

夏休みに持ち帰ったタブレットで・・・【6年生】

夏休みに、3年生以上は一人一台タブレットを家に持ち帰り、ルールの下で自由に使ってみることにしました。

2学期が始まり、6年生教室では、「夏休みのくらしを発表しよう」という授業が行われていました。

担任の先生から、「夏休みの生活、学習をテーマにタブレットの機能を使って何かしらクラスのみんなに発表できるようなものを作ってきましょう」という課題が出されていたそうです。

今日はその発表会をするということで、私も招待してもらいました。さてさて6年生たちはどんな使い方をしたのかな?

 

お出かけができなかった夏休みでしたが、家族や友達との楽しい思い出ができたことを写真を混えてプレゼン。

 

科学研究の成果や趣味のPCについて詳しく調べたことを発表した人もいます。

夏休み中に毎日、食事を作ることにチャレンジした人!おいしそうな写真がズラッと並びました♪

また、大雨のときに、避難所へ移動した経験を語ってくれた人もいます。

どんなタイミングで移動を決めたのか―とても参考になりました。

驚いたのは、プレゼンソフトでオリジナルの「フラッシュカード」(めくりながら暗記するもの)を作った人が何人かいたことです。

算数の公式

県庁所在地

歴史上の人物を写真や絵から当てるもの など。

早速、それぞれのタブレットに共有することになったようです。

ぜひ、「まなびポケット」でほかの学年にも紹介してください!

 

PCの得意な機能をうまく使って学ぶことができています。

タブレットは私たちが「賢くなるための便利な道具」です。

そのためのいろいろな使い方を開拓していってほしいと思います。

(校長)

8月25日 2学期始業式

35日間の夏休みが終わり、今日から2学期が始まりました。

夏休みには天候や感染症など、心配なことが続きました。

今朝は、久しぶりの学校、たくさんの荷物を両手に抱えて、元気に登校してきてくれました。

廊下で出会った子どもたちに話を聞くと、それぞれのご家庭で楽しい時間を作ってもらったことがわかりました。

次々と夏休みの出来事を話してくれる姿がとても嬉しかったです。

毎学期の恒例となってしまいましたが、始業式はオンラインで行いました。

式辞はこちら

その後、「立腰」について、担当の先生から全校(学級)指導をオンラインで行いました。

良い姿勢をとることの大切さをみんなで考えたり、どういうことを意識して1学期に取り組んできたかについて子どもたちからの意見も取り入れながら話し合いが進みました。

その後、各教室では、夏休みの宿題を提出し、2学期の個人目標を考えていました。

「あきらめずに」という言葉がたくさん書かれていました。

子どもたちと目標の共有ができてうれしく思います。

昼休みに校内を歩いていると・・・

1年生が近づいてきて

「校長先生、わたし、『悔し涙」が出たことがあります!」

ときっぱり。

「そう、それは素敵なことですね、それで、どんなとき?」と

会話が進みました。ちゃんと式辞を理解してくれていたんだなと嬉しくなりました。(気になる方は式辞をご覧ください)

午後からはよいお天気になってきました。明日からは久しぶりのお天気のようです。

体調管理が難しい時期ではありますが、家庭ではしっかり体を休め、明日からも元気に登校してきてください!

(校長)

 

 

全校登校日~平和について考えました~

8月5日(木)は全校登校日でした。

久しぶりに友達や先生に会えて、子供達はとてもうれしそうでした。

今日は、全学年で平和学習を行いました。平和について考える絵本の読み聞かせを聞きました。

 

76年前の広島、8月6日のヒロシマを想像し、世界の平和を願い、未来を考える日となりました。

戦後76年、時間がたっても決して忘れてはならないこと

そして、未来を生きる子供達に引き継いでほしい平和への思い。

ご家庭でも、ぜひ話をしてください。

( 教頭)

 

1学期終業式―さぁ夏休み!―

7月20日(火)1学期の終業式の日です。

今朝は朝から本当によいお天気で、気温がぐんぐん上がりました。

加計小学校も朝一番に終業式を終え、1学期最後の日をそれぞれの学級で過ごしました。

 

10 令和3年度1学期終業式式辞.pdf

 

生徒指導部の先生からは、夏休みを安全に過ごすためのお話がありました。

 

お楽しみ会♪ にぎやかで楽しそうな歓声が校舎にあふれました興奮・ヤッター!

夏休み前に学習の総仕上げをしている学級もありました。

121人でがんばった1学期。

よい夏休みでありますように!

(校長)

 

5・6年生龍姫湖(温井ダム)カヤック体験!

7月15日(木)町内4小学校5・6年生が龍姫湖でカヤック体験をしました。

本来は、14日から2泊3日の合同合宿を県内で行う予定でしたが、感染症等の状況から宿泊を伴う合宿をあきらめざるを得ませんでした。何とか代わりの自然体験が日帰りででもできないだろうか―「地域商社あきおおた」に相談したのは6月のことでした。大変なご厚意で、急遽5・6年生に町内でのカヤック体験ができる運びとなりました。

本当にありがとうございました。

この体験は当日だけでなく、前日の事前学習、翌日の事後学習をオンラインで行うという一連の学習となっています。

【4小学校と講師の先生をつないでZOOMで】

そして、体験当日。

【講師の先生からカヤックの漕ぎ方を教えていただきました】

【いざ湖面へ】

こんなに近くにこんなに豊かな体験ができる場所があること―安芸太田の宝を1つ見つけたことでしょう。

そして、翌日、事後学習を行いました。こちらもオンラインで4小学校をつなぎました。

子どもたちが感じ、考えたことをまた他校の友だちと交流しました。

それぞれが体験後に書いた感想・アンケートからも満足度が高かったことがわかりました。

多くの方に応援していただき、短時間でしたがよい体験になったようです。

追記:近くで町内の小学生がカヤック体験をするということを知った温井のホテルの支配人の方から子どもたちにドリンクの差し入れをいただきました。渇いた喉を潤し、元気に学校に戻ることができました。ありがとうございました!

(校長)

 

 

東京オリンピック聖火リレーランナー 栗栖克江さん来校

加計地域にお住まいの栗栖克江さんが、東京オリンピック聖火トーチをもって

加計小学校へ来て下さいました。

栗栖さんは、聖火リレーランナーに自ら応募され、選ばれました。

27年前に広島で開かれた「アジア大会」の時にも、聖火リレーランナーとして走ったそうです。

いつから走ることを始められたのか聞いてみると、

「子供が小学生の時、登校に付き合って毎日走るようになりました。それからずっと走ることを続けてきました。」

「みなさんも、自分の好きなことや得意なことを、あきらめずにずっと続けているといいことがありまよ。」

とお話して下さいました。

 

その後、聖火トーチを持たせてもらいました。

 

「かっこいいな。」 「けっこう重たいね。」「桜の花びらの形になっていてきれい。」

みんな喜んで持たせてもらいました。

栗栖さん、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

これからも、元気に走り続けて下さい。(教頭)

 

 

 

 

「なないろ」のみなさんによる 読み聞かせ

子供達は、毎月1回の読み聞かせの時間を楽しみにしています。

6年生では、大型絵本「かたあしダチョウのエルフ」。

エルフは仲間を守るために、我が身を捧げるという心にしみるお話でした。

なないろのみなさん、素敵な本を読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

校内の交流ホールに、「本のしょうかいコーナー」を作りました。

「夏」を感じる本をたくさん紹介しています。

本をしっかり読んで、季節を感じてほしいです。

(教頭)

 

メキシコ選手団へ応援メッセージ

いよいよ始まる東京オリンピック。

子供達は、広島県がホストタウンとなっているメキシコ選手団のみなさんに

心をこめて、応援メッセージを書きました。

この手紙は、スペイン語(メキシコの公用語はスペイン語)に訳されて

選手のみなさんに渡されることになっています。

参加賞として、広島県よりクリアファイルを、

日本郵便よりクリアファイル・シール・絵葉書をいただきました。

ありがとうございます。

みんなでメキシコチームを応援しましょう!

(教頭)

 

中国新聞の取材がありました(ホタル文庫)

6月末、中国新聞から取材の依頼がありました。

2年ほど前に加計小学校に寄贈された「ホタル文庫」と加計ホタルの会の皆さんについてです。

加計ホタルの会は、20年以上前からこの地域で、清流のホタルを守ろうと有志の皆さんが活動されてきた会とうかがっています。当初、加計小学校の子どもたちもホタルの幼虫を放流する体験をさせていただいたこともあります。

その時の記事がこれです。

(当時、教諭で勤めていた校長がその当時の記事を自宅で見つけました)

2年ほど前にホタルの会の皆さんが、その活動に終止符を打つことに決められ、当時の基金を加計小学校の子どもたちに本を寄贈するという形でご寄付いただいたのが「ホタル文庫」です。

今回、中国新聞では、毎月2回掲載されている「太田川 恵みと営み」にホタルをテーマに記事になるそうです。

予定では7月11日あたりだそうです。

子どもたちの様子も少し掲載されるかな?インタビューを受けている人もいました。

記事以外にも、HPに動画等も掲載されるそうです。

この出会いを、探究的な学びにつなげることもできそうです。

(校長)

「探究的な学び」を楽しもう!(その1)

小学校には1・2年生で「生活科」、3年生以上は「総合的な学習の時間」という教科があります。

加計小学校ではこれまでも地域の素材を使いながら、学年に応じた学習を進めてきました。

昨年度から新しい学習指導要領が実施となり、これからをたくましく生きていく力のもととなる経験(学びの場)が求められます。特に総合的な学習の時間は、「探究的な学び」の実現をめざす時間です。いわゆる「教科書」はありませんので、どんな学習素材を使って、どのような学び方をしながら、どんな力、資質・能力を高めるのかを計画、実践するには教員側もかなりのエネルギーが必要となります。

今年度はこれまでの取組を見直し、「児童自身が課題を立て、苦労しながら解決に向かう場」にしたいと考えています。

まずは、学習材との出会いから、「問い」を立てること―。

いつもなら、「〇年生はこの学習ですよ」とスタートしていたのですが、それはやめました。

とりあえず、地域に着目して、「?」を探すことにしました。切り口は様々でOK。

【3年生】・・・加計小学校の校歌を紐解く

いつも歌っている校歌ですが、その言葉の意味や学校の歴史のことは何も知らないことに「気づいた」そうです。

そこから、学習が始まり、校長の私に取材に来たり、言葉の意味を調べ、考えているようですよ。

 

【4年生】・・・とにかく太田川に行ってみよう!

「太田川の生態ありき」ではなく、実際に河原に立った時に何を見つけ、感じるのかにこだわって学習がスタートしました。先日、太田川漁協の方に自分たちの素朴な疑問を尋ねに行ったようです。「川がきれいってどういうこと?」新しい疑問に出会いました!

【5年生】・・・月ケ瀬温泉ってどんなところ?

昨年、学校のすぐ近くにできた「月ケ瀬温泉」。知っているようで何も知らないし、どうやらJOCA×3っていう人たちがいるらしいけど・・???とりあえず、代表の人に会ってみよう!からスタートしたようです。

代表の松岡さんを学校にお招きし、その後実際に見学させてもらったようです。さて、どんな?がみつかったかな。

なぜ、安芸太田にJOCAさん?

【6年生】・・・加計地区を歩いてみたら

春の徒歩遠足で、学校周辺の名所を歩いた6年生。自分たちがこのあたりのことをあまり知らないことに気づいたようです。まずは、PCで情報を集め、プレゼンを作成。先日、それをオンラインで発表しました。さて、その知識を次はどう生かす???

「先生たちが苦労して進める時間ではなく、子どもたちが苦労しながら、失敗しながら進めていく学びの場」を目指していきたいと思っています。

(校長)

 

 

 

 

さつまいもの苗植え

2年生が、生活科の学習で、畑づくり名人の山根さん、河野さんに教えていただき、さつまいもの苗を植えました。

この日を迎えるために、事前に畑の準備もしていただきました。毎年本当にお世話になっているお二人です。

名人のお二人に教えてもらいながら、一本一本の苗を大切に、慎重に植えていきました。

「早く大きくなってね。」「たくさんさつまいもができますように。」

みんな、秋の収穫が楽しみのようです。

山根さん、河野さん、社協の戸田さん、ご指導ありがとうございました。 

                               

 

 

毎年、お猿さんがサツマイモを取りに来るので、サル除けネットも準備してくださいました。

(教頭)

壁みがきボランティア始動!

6月9日の昼休憩の一コマです。校舎中央の交流広場に子どもたちが集まっています。

何が始まるのかというと・・・これです。

10日ほど前、児童会美化委員会が校内にこんなポスターを掲示。校内放送でも呼びかけたものです。

今日はその初日。全校101名のうちなんと71名のボランティアさんが集まりました!(すごい!!)

美化委員委員長からの説明のあと、思い思いの場所に散らばって校舎の壁磨きが始まりました。

 

20分ほどの時間を(貴重な遊び時間なのですが)校舎のために費やしてくれました。

少しずつ壁がきれいになっていきました!

加計小学校の校舎は5年前に新築された本当にきれいな校舎です。まだまだピカピカなのですが、それでも使っているうちに少しずつ汚れたり、傷がついたりしています。

そこに気づいた美化委員さんたちが今回の企画を考え、実行に移してくれました。

ありがとう・・・ね。

わたしも嬉しくて、ポスターを見かけた翌日に全校朝会(オンライン)でこんな話をしました。

全校朝会6月.pdf

スライドだけですが、どんな話をしたかきっと想像できると思いますのでそのまま載せてみます。

翌日、6年生からもお話についての返事が届きました。これもサプライズ。

子どもたちの姿がとても嬉しい6月です♪

 

プール掃除

6月2日 夏の水泳指導に向けて、加計プールの掃除をしました。

毎年、町教委からたくさんの方に応援に来ていただきます。

いつもなら全校で少しずつ場所を手分けして、子どもたちも掃除をします。

ただ現在の状況なので、5・6年生が1コマずつの時間差、屋外のプールサイド限定で掃除をしました。

短時間できれいになりました。

いろいろな方のお陰で教育活動ができています。

先生方も、子どもたちもそのことを感謝しつつ、活動を行っていかないといけないなと改めて感じています。

併せて、教職員の心肺蘇生法の研修も行いました。

(校長)

タブレットは学習道具の1つです

御存じのようにこの春から、児童一人一人にタブレットの貸与が始まりました。

これまでも1クラス分のタブレットPCはあり、学習場面に活用してきました。

これからは、一人1台という環境となり、使う時間の制約はなくなりました。

だからこそ、ルールを守って、鉛筆やノートのように「学習道具」として、上手に使っていけるようにしたいと思います。

今は、学年に応じたいろいろな使い方を試している段階です。

例えば・・・

1・2年生は、生活科等での活用。学校探検などで見つけたものを写真にとって、それを使ってクイズをしたり、記録をとって発表したりできます。写真に簡単な文字をペンで書き入れることもできそうです。

3年生以上は、いろいろな教科で活用場面が考えられます。

気になることを調べたり、見つけたこと考えたことをグループで発表資料にまとめて、プレゼンをすることもできます。

先日は、4年生以上でそれぞれテレビ会議をお試ししたようです。

担任の先生から送られたプリントやメッセージを個々に受け取り、学習に向かうこともできます。

それぞれの考えを集めて、検討することもできます。ホワイトボードのように。

自分の手で書くことも大切。

紙面にまとめることも大切。

実際に自分が体験しながら考えることも大切です。

それらと同じように、タブレットの得意なことを生かして、もっと学ぶことが深く、楽しくなるようにしたいですね。どんな使い方ができるのか、先生方も考えます。子どもたちも臆することなく使い方を考えてほしいと思います。

今後、家庭への持ち帰りも実施することになります。接続環境などご家庭とも連絡をとりつつ、準備をお願いすることになりそうです。

心配なこともありますが、その時その時に子どもたちと解決しながら、学ぶチャンスにしていきたいと思います。

(校長)

 

校門(東門)周辺の道路に歩行者用の白線を引いていただきました!

毎朝、すべての児童が通る学校東門の横断歩道周辺。

道幅が狭い上に、歩道もなく、特に低学年の子どもたちが歩くのに心配な状況でした。

4月に、町役場に相談したところ、歩行者用の白線を両サイドに引いてくださることになりました。

本日その作業が行われました。ありがとうございました!

この白線の内側を歩くように子どもたちにも指導したいと思います。

毎日の登下校の時間帯には、児童が往来します。

通行の皆様にはご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。

(校長)

 

消防訓練の見学に行きました!

本日(5月12日)広島市消防局安佐北消防署安芸太田出張所のヘリコプターを使った消防訓練が、学校近くの見入が崎グランドで行われるという情報を得ました!

せっかくの機会なので、お願いをして、3・4年生、たんぽぽ学級の子どもたちがその様子を見学できることになりました。

地域の安全を守る仕事については、3年生の社会科で学習します。

消防車や救急車など、その姿や働きは知っているものの、消防隊の皆さんがどんなことをされているのか、またそれはなぜなのかを考え、気づくことが大切です。

学校の近くに消防署がないため、実際を見学するのはなかなか大変なのですが、今回、目の前でお仕事の様子を見ることができました。

消防車を近くで見せてもらったり

 

ストレッチャー体験に

消防服体験などなど・・・。

たくさんの経験もさせてもらいました。

子どもたちが到着する直前に、緊急出動が入り、ヘリコプターは現場へ向かうことになりました。

また、見学中にも救急車の出動依頼が入り、1台は急ぎ出発していきました。

子どもたちも目の前の緊迫感を味わったことと思います。

大切な命を守るために、日々訓練を怠らず、車の整備、機材の確認などもされていることを肌で感じたことでしょう。

私たちにできることは、自分自身の生活の中で、健康と安全を心がけて過ごし、できるだけお世話にならずに済むようにすることだと思います。

学んだことから自分に引き寄せて、物事を考えられるといいですね。

(校長)

 

 

春の遠足

4月30日(金)

春の遠足(1年生歓迎遠足)を行いました。

昨年度は、この遠足すら実施できない状況でしたので、こうして実施することができただけでもありがたいことです。

今年度は、加計地区をたてわり班で散策しながら、深山峡を目指しての徒歩遠足です。

加計小学校の周りだけでも、「吉水園」「月ケ瀬公園」「長尾神社」「深山峡」など見どころがあります。

その道の途中で地域の方との出会いも期待しつつ出発!

11時すぎには深山峡に到着!

ところが・・急に雲行きが怪しくなり・・・雨が降り出してしまいました。

屋根のあるところでしばしの雨宿りです。

今の子どもたち、雨宿りをあまりしたことがなかったようで、それはそれで楽しそう♪

雨はやみましたが、地面が濡れてしまってお弁当を食べることが難しくなってしまいました(涙)

急遽、学校へ引き返すことになりました。

昼ご飯は校内の好きなところを自分たちで選んで食べました。

 

午後からは続きのプログラムを学校で行いました。

たてわり班遊びやおやつタイムなど、いつもの学校が特別な場所になったようです。

町巡りウォークラリーの答え合わせも盛り上がりました。

最後に、遠足の振り返りをしました。

雨のおかげで、予想外の体験もでき、「終わりよければすべてよし!」です。

企画してくださった先生方、リードしてくれた6年生。

がんばって歩いた1年生。

お弁当を作ってくださったおうちの方。

たくさんの人に感謝して終わりました。

(校長)

 

色々な学習スタイルで(3・4・5年生理科)

4月もそろそろ終わりです。

教室をまわっていると、今日は3つの理科の授業に出会いました。

5年生

メダカの誕生という単元です。

 

育てているメダカが産卵し、その変化のようすを観察しているようです。

今日はプリントで、受精卵の変化の順番を考える問題に取り組んでいました。

実際に観察したことを使って考えることはとても大切な思考ですね。理由も言えるように話し合っていました。

4年生

一人ずつタブレットを使って、NHKの動画を見ていました。自分の必要に応じて、動画やコンテンツを選択できるのはいいですね。ヘッドセットも自分用を持っているので、それぞれのペースで学習が進められていました。

ちょっとしたアイディア、今あるものを使うだけですが、タブレットの良さを味わうことができそうです。

3年生

自分の考えを友達と共有しながら、さらに人の考えを取り入れる場面です。

いろいろなツール、いろいろな場面、方法を組み合わせながら、学習が多様になっていくようにしていきたいと思います。子どもたちも先生方も、学ぶことを楽しんで!くれたらいいですね。

(校長)

参観日&PTA総会&基準服等譲渡会

4月23日(金)、今年度最初の授業参観日を行いました。

感染症対策に御協力いただきながら、多くの保護者の皆様に来ていただくことができました。

ありがとうございました。

 

それぞれの学級の新しい環境での学習の様子を見ていただくことができました。

子どもたちはいつもよりも、嬉しそうで、恥ずかしそうで・・。

でも張り切っていたことに変わりはありません。

 

その後、PTA総会も無事に開催できました。

多くのご参加ありがとうございました。

また、校舎内ではPTA役員さんの発案と企画運営で「基準服等譲渡会」が並行して行われていました。

着なくなった基準服や体操服など保護者の皆様から出品していただき、その場で希望をとり、厳正なる抽選を経て新しい持ち主へとお譲りすることができたようです。

お世話してくださった役員の皆様ありがとうございました。

(校長)

そうじの修行が始まりました!(1年生)

1年生が入学してから2週間がたちました。

1年生は今日から、各学年の教室掃除に参加し、しばらくの間「掃除の修行」が始まりました。

まずは雑巾で床をきれいに拭くことから。2年生から6年生は、修行にきた1年生に丁寧に教えてくれています。

その姿をスナップに収めながら、教わる側だけでなく、教える側も学びのある時間になっていることを嬉しく思います。

みんなで一年生に関わりながら、加計小学校の一員として生活できるように応援してくれている上級生たちです。

ありがとう・・・ねにっこり

(校長)

 

 

小さな力を合わせれば・・・!

加計小学校の校舎前(運動場側)には、これまで石を敷き詰めた雨受けの斜面がずらっと並んでいます。

この度、敷き詰めてあったたくさんの石をすべて撤去し、新しい使い方をすることになりました。

町教育委員会の皆さんの協力もあり、本日、すべての石の撤去作業を行いました。

幅1・5m長さ、80m近くある斜面の石を取り除く作業は、大変時間がかかると思っていました。

今回、4・5・6年生がその作業を快く手伝ってくれたことでほぼ1時間で作業を終えることができました。

「安全に、効率よく作業を行うため、みんなの知恵を働かせよう!」と私からお願いをしました。

さすが高学年ですね。

ブリキのバケツに石を入れる人、トラックまで運ぶ人、動きやすいようにベンチ等を動かす人・・・。

それぞれが自分で考えて動いているのがよくわかりました。息もピッタリです!

2トントラック2台分の石をあっという間に取り除くことができました。

これからこの斜面をどう活用するか・・・あれこれ思案したいと思います。

小学生のみんなが、とても頼りがいのある存在であることを嬉しく感じた1日でした。

とっても助かりました!ありがとう♬

(校長)

入学式から1週間!(高学年紹介)

101人の子どもたちと20名の先生方との生活が始まって1週間がたちました。

1年生は、大きなランドセルを背負いつつ、毎日元気に通ってくれています。

それぞれ進級した教室で新しい先生との勉強が始まりました。

まずは6年生の紹介です。

図工の時間、「学校の中の好きな場所」をスケッチしているようです。

「へぇ、こんなところがお気に入りなのね」と思わずクスッとしてしまいます。

年度末に整備された一人一台タブレットを使った学習も始まっています。

使い方を制限せず、紙や鉛筆、辞書のように子どもたちが考えて使っていけるようにしたいと思っています。

使い方のアイディアは無限大?!

 

続いて5年生です。

学級の係活動や当番などについてこれまでの経験を活かしながら自分たちで決めています。

高学年になり、委員会、マーチングバンドなど全体を考えて生活していく必要がありますね。

「気づいて考えてやってみる!」をぜひ5年生なりに実践してくれることを期待しています。

14日から初任者研修の後補充として、板倉先生の授業も始まりました。

先生も子どもたちも楽しそうに学んでいます!

(校長)

 

 

始業式&入学式121名での出発です!

4月6日(水) 始業式を行いました。

新しい先生方を迎え、101名の子どもたちとの1年が始まりました。

今年度の学校教育目標は

「気づいて 考えて やってみる!」です。

どんな1年にしていくかについて式辞の中で子どもたちにメッセージをおくりました。

式辞はこちら→令和3年度1学期始業式式辞(HP用).pdf

そして、職員紹介&担任発表です!

新しい担任の先生と共に、いろいろなことに「自分が考えて」「あきらめずにやり抜く’(やってみる!)」1年にしていきましょう!

 

そして翌7日(木)入学式を行いました。

今年度の1年生は17名です。ドキドキの1年生。

初めてのことばかりの毎日でしょう。

少しずつ慣れて聞けばいいですよ・・・。元気に登校してくださいね!

入学式式辞はこちら→令和3年度入学式式辞.pdf

(校長)

 

令和2年度修了式

3月25日 令和2年度修了式を行いました。

令和2年度修了式式辞.docx.pdf

例のない1年でしたが、無事に終えることができました。

また、離任される先生方、転校していくお友達との寂しいお別れもありました。

一緒に過ごした1年に感謝をしつつ、また始まる新しい1年に向かっていきましょう!

加計小学校HPを見てくださっている皆様、1年間ありがとうございました。

来年度もよろしくお願いいたします。

(校長)

20名の巣立ちにエールを!

春が来ました!Spring   has  come!!

 「加計小学校標本木 双子桜の開花を宣言します」

桜も一緒に20名の旅立ちを見届けてくれました

                                                         (教頭)

 3月23日 20名の卒業生が立派に巣立っていきました。

旅立ちに際し、たくさんのお祝いメッセージをいただき、

その縁の深さを感じました。

ご家族をはじめ、地域の皆様、そして、

これまで彼らとつながってくださった多くの皆様に

心より感謝申し上げます。 

            (学校長)

 

交通安全を願って

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山県警察署から依頼のあった交通安全フラッグを、4年生代表3名による「フラッグ部隊」が中心となって仕上げ、先日、山県警察署の方へ持参しました。

 フラッグ部隊は原案作りから着色・仕上げ・持参まで、終始、中心となって活躍。

出来上がった旗と署長さん、担当署員さん、フラッグ部隊、みんな一緒にgoodポーズ!

祈!交通安全!!           (教頭)

                  

 

音楽クラブミニコンサート♪

3月16日の朝会。

加計小学校の交流ホールが素敵なミニコンサート会場になりました。

音楽を発表してくれたのは、4年生以上で構成する「音楽クラブ」

音楽が好きな子どもたち4人と担当職員2名、合わせて6名の小さなアンサンブルです。

クラブ活動の時間以外にも休憩時間なども練習している曲が校長室に聞こえてきて、こっそりその音色を楽しませてもらっていました。

今朝は、その発表会ということで、朝の時間を使って、全校が集まり、その歌声、音色に聞き入りました。

演奏曲目は次の3曲

1 合唱「夢の世界へ」

2 ハンドベル「ふるさと」

3 リコーダーアンサンブル「聖者の行進」

たった4人ですが、その美しい歌声がホールに響きわたり、なんとも言えず優しい気持ちになりました。

ハンドベルも、リコーダーアンサンブルもよく練習したことがわかります。

思いがけず会場からアンコールがあり、「ふるさと」をもう一度演奏してくれました。

音楽は人を幸せにする―そんな力を素直に感じたひと時でした。

音楽クラブの皆さん、素敵な時間をありがとう♪

(校長)

 

青年海外協力隊出前授業(6年生)

3月10日

6年生の授業にゲストティーチャーをお招きしました。

安芸太田町JOCA×3職員の羽熊さんです。

JOCA×3には、これまで青年海外協力隊の経験のある職員の方が複数名おられます。

加計小学校からも近く、これまでも昼休憩の遊びタイムに月2回来てくださるなど、今年度少しずつつながりができています。

今回は、グアテマラで協力隊員をされた経験を、楽しい踊り、現地の言葉、衣装の紹介などを交えながら、異文化交流についてお話をしていただきました。

青年海外協力隊というお仕事があることや世界の国々の人々の暮らしや文化には違いがあって、それを尊重することが大事だという気持ちを感じてくれたらいいなと思います。

(校長)

 

追悼 東日本大震災

3月11日 午後2時46分 全校で東日本大震災で犠牲になられた方、被害を受けられた方々に哀悼の意を表し、1分間の黙とうをしました。

これに先立ち、各学級では担任の先生から10年前のことの話を聞きました。

小学校には、この災害のときに生まれていたのは高学年の子どもたちだけになりました。

それも、生まれたばかりですから、当然そのときの記憶はないでしょう。

こうして学校で考え続けることはとても意味のあることだと思います。

一斉下校のとき、私からも少し話をしました。

「10年前の今日は、『当たり前』が『当たり前』でなくなってしまった日なのです。

突然、帰る家がなくなってしまう、夜になっても家族が戻ってこない。学校も友達もバラバラになってしまう。

そんなことを私たちは普段考えて過ごしていません。

でも、突然、その時はやってきた。

明日もあさっても、いつも通りの毎日が来るとは限らないということです。

だからこそ、「当たり前」のことに感謝して、今を大切に生きなければならないと思います。

今日はテレビなどでもいろいろな報道がされることと思います。

皆さんも今日はそれを見て、今日学級で考えたことを自分でもう一度考えてみてください。」

(校長)

オンラインで見学!

3月9日

2年生が多目的室に集まって、何やら真剣にテレビ画面を見ています・・・。

どうやら2学期にお世話になった小松菜づくりの先生とオンラインでつながっていたようです。

以前紹介しましたが、2年生は学校の敷地内で小松菜栽培を行いました。

毎週のように「つつみ農園」の畑の先生に来ていただき、たくさんのことを学びました。

本当なら、実際に農園を訪問し、つつみ農園の皆さんがどんな環境で、どんな工夫・苦労をされながら栽培されているのかを見学に行きたかったのです。

しかし、学校からバスで30分近くかかるところにあり、コロナ禍という状況もあってそれがかないません。

そこで思いついたのが「オンライン見学」だったわけです。

画面の向こうに見える農園の様子を見て

「わぁ!(畑が)ながぁい!!」と歓声を上げています。

早速、画面の向こうの先生にいろいろな質問。

知りたいことがたくさんあって、時間いっぱい質問しました。

最後には、感謝の気持ちを込めて・・・

2年生お得意のキレッキレのダンスを披露しました!

「こまつなダンス」、振り付けは担任と子どもたちの共同作だそうです。

つつみ農園の皆さんも喜んでくださり、大満足の時間となりました。

体験することは学びを深める近道だと思います。

でも、それができないときにそれに近いことをどうしたら実現できるかを考えることも私たちはこの1年で学びました。

(校長)

6年生を送る会

3月5日(金)「6年生を送る会」が開かれました。

在校生は、お世話になった憧れの6年生に、精一杯の「ありがとう」を贈りたい!と準備してきました。

特に5年生とっては、自分たちで企画・運営する初めての大きな会です。プログラムや会場の飾りつけ、会場準備、進行など、初めてのドキドキがいっぱいだったと思います。

6年生にとっては、自分たちは当たり前にやってきた最高学年としての1年を振り返る場。自分たちが加計小のみんなを支えていたのだなとしんみり感じる場となったでしょうか。

保護者の皆様にも参観OKとさせていただきましたので、たくさん駆けつけていただき、6年生の卒業を一緒に祝っていただきました。

このテーマは3年生作

体育館に向かう前の壁には1年生からのありがとうの花!

天井には大きなくす玉が!(5年生作)

2年生は花のアーチを制作

1年生のエスコートで6年生入場です。

会の初めでの校長あいさつはこちら⇒令和2年度6年生を送る会校長あいさつ.pdf

 

1年生は6年生に教えてもらったことを寸劇と歌で。

 

2年生はお得意のキレッキレのダンスで。

 

3年生はけん玉勝負の挑戦状を6年生につきつけて・・・。

 

4年生は「レッツゴーいいことあるさ!」の歌と演奏でエールを送って。

また4年生は全校を代表して、6年生へのプレゼントも用意してくれました。

 

5年生は6年生一人一人に思い出と感謝のメッセージで

「ありがとう」と「がんばって」の気持ちを贈りました。

笑いあり、涙あり・・・。

大きな体育館に温かい気持ちがいっぱいに溢れているように思いました。

 

6年生は自分たちに関わってくれたたくさんの方への感謝の言葉と「いのちの歌」の美しいハーモニーを会場のみんなにプレゼントしてくれました。

 

先生方からは一人一人のイメージを漢字1文字に表した色紙をプレゼント。

くす玉も見事に割ることができました!

最後に教頭先生からみんなの素敵な気持ちを褒めてもらいました。

見事この会を成功させた5年生にも会場から大きな拍手が送られました。

************

3月は別れの季節です。

別れ際をどう過ごすかで、それまでの人と人との繋がりが見えてきますね。

6年生が加計小学校にとってどんなに大切な存在だったかということを改めて感じた1日でした。

そして、「ありがとう」の気持ちをこんなにも素敵な方法で表すことができた加計小学校の子どもたちは本当にすばらしいなぁとしみじみと感じたひと時でした。

(校長)

 

 

加計中学校から・・・!

3月3日(水)

今日は、加計中学校から、けやき学級の中学生が、本校のひまわり・たんぽぽ学級のと交流学習に来てくれました。

中学生も小学生もそれぞれが今日の日のために準備したことを披露し、交流を深めました。

中学生は、「毎朝の日常」というコントを披露。

二人とも本校の卒業生です。小学生の頃をよく知っている先生方も一緒にコントを見せてもらいました。

ユーモアを交えながら、楽しい作品に仕上がっていました!(拍手)

最後に、「星影のエール」を合奏!

気持ちを合わせて演奏することができました。

小学生の2人も、中学生と一緒に演奏できてうれしそうでした。

もう一つ、本日、加計中学校の1年生からこんなメッセージが学校に届きました。

もうすぐ中学生になる6年生に向けての温かいメッセージです。

部活の紹介と共に、中学生になる前の心の準備を丁寧な文字で書いてくれていました。

こんな風に、待ってくれている人がいるなんて嬉しいですね。

新しい生活への不安も少し和らいでいくことでしょう。

ありがとうございました!

(校長)

 

 

ここにも、カウントダウンカレンダー!!

2月の登校日も今日で終わります。

校内を歩いていると、1年生教室の前にもカウントダウンカレンダーを発見!

この1年がんばったことと2年生になってがんばりたいことが書かれています。

小学生になってもうすぐ1年。

7年間の人生の中でも大きな節目でしたね。

みんな元気に毎日登校してきてくれてありがとう♪

自分ががんばったことが言えるなんて、素敵なことです。

あと1か月で2年生ですよ。

新1年生が入ってきたら、よろしくお願いしますね。

(校長)

卒業まであと1か月です

今年度の卒業式は、3月23日です。

ちょうど1か月前となりました。

1月末には、6年生教室の前に「卒業までのカウントダウン」が貼られ、毎日時を刻んでいます。

担任と合わせて21名が、一人1枚ずつ「みんなに贈りたい名言」をテーマに作成したようです。

私も毎日、どんな名言に出会えるか、それをなぜ選んだかというコメントを読むのを楽しみにしています。

一回りした先週からは、「学級の仲間に贈りたい感謝のメッセージ」というテーマに変わりました。

色々な出来事を乗り越えて、子どもたちがお互いに想いを伝え合う温かいカウントダウンカレンダーになっています。

21人分が終われば、いよいよ卒業です。

期待も不安も膨らむ3月。

よい時を過ごせるよう、在校生はじめ私たち教職員も、名残惜しく過ごしています。

(校長)

 

児童会役員選挙

2月10日 来年度の児童会役員選挙が行われました。

加計小学校では、毎年この時期に4・5年生から立候補を募り、2週間近くの選挙活動期間を経て、全校による投票を行います。

今年度は、感染症対策のため、各候補者が教室をまわってPRをすることができませんでしたが、交流ホールでのポスター掲示と給食放送での公約放送で自分の考えをPRする選挙活動となりました。

そして迎えた10日。これも全校で集まることは控え、テレビ会議システムを使った校内放送で、選挙演説を行いました。写真は今年の選挙管理委員の3名です。

演説会に先立っての校長の話はこちらです。⇒児童会役員選挙校長の話.pdf

5名の児童会役員の枠に、16名の立候補がありました。

一人一人の選挙演説、選挙公約には、次の加計小学校をこんな学校にしたいという強い願いが込められていました。

そして、そのために自分が何をしようとしているのかという強い決意も込められていました。

学校長としては、子どもたちがこんなにも真剣に、自分たちの学校・生活をより良くしたいと考えていることに大きなエネルギーをもらいました。

演説会の後、投票、開票が行われました。

祝日を挟んで、金曜日にはその結果が発表されました。

今月末には新しい役員さんの体制で児童会が動き出します。活躍を楽しみにしています。

選ばれた人、そうでなかった人。今回、一生懸命考えたこと、自分と向き合ったことを、新しい立場で実現するために力を合わせていってください。

学校長としても、児童の皆さんの意見をしっかり参考にして、共に加計小学校をより良くしていきたいと思います。

(学校長)

 

 

今年度最後の授業参観

2月4日(木)は2月PTA を行いました。

今年は保護者の皆様に、授業参観をしていただく回数が少なく、今回もたくさんの保護者の皆様に来ていただきました。

感染症対策にもご協力いただき、ありがとうございました。

先日紹介したMBの演奏会も無事に終えることができました。

ご指導いただいた井坂先生もかけつけてくださり、温かい講評をいただきました。

各教室でも算数の授業や図工・音楽の発表会を見ていただきました。

お忙しい中、ご参観いただきありがとうございました。

(校長)

 

バトンタッチへの助走が始まりました・・・!

加計小学校には、長い伝統のマーチングバンドの取組があります。

今の児童の保護者さんの中にも、加計小の卒業生の方であれば、誰しもがこのマーチングバンド(昔はファンファーレバンドとも呼ばれていました)を経験しておられます。

毎年、5・6年生全員で編成されるマーチングバンド。

今年は、予想外の長期にわたる臨時休校を乗り越えて、感染症対策をしながら練習をしてきました。

1月16日には、広島市の大きなホールで、「ひろしま小学校バンドフェスティバル」に出演予定でしたが、再度の感染拡大のため、学校としての参加を辞退することにしました。結果的には、広島市の会場が閉鎖のために使用できず、会そのものが一旦中止となりました。

長く懸命に練習してきた5・6年生、担当職員、ご指導いただいている外部講師の先生には本当に申し訳なく思っています。

大きなステージで、マーチングの衣装を身に付けての発表ができなくなりましたが、今週のPTA参観日の場で、保護者向けの発表を行う予定です。今は、心を込めて、最後の仕上げに取り組んでくれています。

そんな中、先週末の練習の場に4年生が参加しました。

発表会は6年生にとって、最後の演奏の場となります。

そして、その後は次のメンバーである4年生に楽器と伝統を引き継ぐことになるのです。

4年生は、体育館の後方から、神妙な顔つきで5・6年生の演奏練習の様子を見学していました。

何を思ったでしょうか。何を感じたでしょうか。

演奏している6年生たちもいつもとは顔つきが違っていたように私には見えました。

何を思いながら演奏したでしょうか。何を伝えようと思っているでしょうか。

バトンタッチへの助走が始まりました・・・。

 

本番は2月4日(木)です。

保護者の皆様、お忙しい中ではありますが、この1年間の成長をぜひご覧ください。

(校長)

ひまたんの大豆で豆まき!(ひまわり学級・たんぽぽ学級)

2月2日は節分です。そして明日は立春。

いよいよ春の始まりですね。

今日の給食にもイワシのかば焼き、節分豆が出ました。

さて、今日はひまわり学級・たんぽぽ学級の授業を見に行きました。

学習のテーマは「ひまたんの大豆で豆まきをして自分の中のオニをたいじしよう」です。

春からひまたんでは、苗から大豆を育ててきました。

その間、育てるだけでなく、大豆についていろいろ調べたり、クイズを作ったり。

やがてその大豆は無事に収穫され、乾燥して食べられる大豆として保管してありました。

そして今日は豆まきの豆となりました。

豆をまく前に、おはしで豆をつまんで、ラップに包む作業。

教室で蒔いた後にちゃんと回収するためです。(大事な大豆ですからね)

二人とも上手におはしを使っていました!

それぞれ自分の中で退治したいオニを考え、いざ豆まき!

誰の心の中にも、やっつけたい鬼(弱さ)がありますね。

時々自分のことを振り返り、心の中の鬼とちゃんと向き合っていきたいなと思いました。

私も今日は帰ったら、家で豆まきをしようと思います!

(校長)

 

 

 

 

薬物乱用防止教室【6年生:保健】

安芸太田病院の髙村薬剤師さんに学校に来ていただき、6年生の保健の授業をしていただきました。

テーマは「薬との正しい付き合い方と薬物は絶対ダメ!!」

授業の前半は、私たちが日ごろ飲んでいる風邪薬など、病院で処方された薬や市販薬について

薬は水で飲むことが基本であること、飲み合わせによっては、胃の中で反応してしまい、効果が得られにくくなってしまうことなど、具体的に教えていただきました。

後半は違法薬物について

サンプルの模型を見せていただきながら、どんな理由があろうと「とにかく、薬物は絶対にダメ!!!」ということを6年生に力説してくださいました。

薬や違法薬物についての正しい知識と理解を一人一人が持つことで、自分自身を守ることができるということがよくわかりました。

ありがとうございました。(校長)

こんな朝だからこそ!(1年生)

1月20日(水)

今朝の冷え込みはかなりのものでした・・・。

路面は凍結し、子どもたちが通る東門の小さな坂も雪解け水がそのまま凍ってしまい、気を付けて歩いても滑ってしまう児童もいたようです。今後は融雪剤で対応しようと思います。

校庭の積雪も相変わらず、一面に残っていますが、昨日までに若干解けたところが水たまりになり、今朝はそこがしっかり凍っていました。

冬の自然を生活科で学習している1年生には絶好の学びチャンス!

自然のスケート場?で滑ってみたり、雪の小山を歩いてみたり・・・。

どうやったら滑らずに歩けるかな―と試していたら、尻もちをついてしまったり。

たくさんの気づき、試行錯誤があったようです。

 

最近チャレンジしている水を凍らせる実験。

前日、それぞれ好きな色の水を校庭のあちこちに場所を選んで置いていたところ・・・

ジャーン!今朝は見事な氷の塊ができていました!

みんなで集めたら、こんな感じ♪

実験大成功!だったようですよ。

今朝はどうして氷ができたのかな?

なぜを追求してほしいなぁと思います。

よかったね、1年生!(校長)

 

楽しいひとときを!

1月19日(火)

先週積もった校庭の雪は、まだしっかり残っています。

今日から2日間、各学級ではこの1年間の学習の振り返りとして「標準学力調査」を行っています。

廊下を歩いてみると、どの子も熱心に問題に向かっている様子でした。

1年生も初めてのテストに挑んでいます。

何点取れたかも気になりますね。

でも大事なのは、今の自分ができているところとそうでなかったところを見つけること。

学年が終わるまでまだ2か月ありますからね。

自分の苦手だったところに気が付いて、何とかそれを克服できる方法を先生や友だちと考えて、投げ出さずにやってみましょう

そのことが一番大切だと思います。

先生方もよろしくお願いします!

 

そして、午前中のテストが終わって、昼休憩。

今日は、近くの「月ケ瀬温泉」から「JOCA」のお兄さんとお姉さんが加計小学校に遊びに来てくださいました。

自由参加の遊びの会でしたが、交流ホールには子どもたちの歓声が響いていました。

楽しそうでしたよ♪

2週間に1度、こうやって昼休憩に遊びに来てくださる予定です。

教室では、他にもカードゲームやけん玉、おしゃべりを楽しんでいる子どもたちもいました。

 

ほっとするひと時でした。(校長)

 

校舎内を歩いてみると・・・

1月15日

安芸太田町の積雪も、昨日の暖かい日差しのおかげもあり、ずいぶん溶けはじめています。

この度の積雪はここ数年のうちでもヘビー級でした。

学校周辺もかなりの積雪量で、除雪については近隣の皆様、町役場、町教委の皆様にもたくさんお力添えをいただきました。

また、通学路にあたる道沿いでは、子どもたちの登下校時刻に合わせて、屋根からの雪摺りがないように、道端で注意喚起をしてくださる方もおられました。

寄せた雪で車道が狭くなり、そこを子どもたちが歩かなければならないため、渡りきるまで車を止めて待ってくださる方もたくさんおられました。

職員が学校周りの雪かきをしているのを見て、「大変ですね」と声をかけてくださり、その温かい声掛けに元気をいただきました。

たくさんの「ありがたさ」をかみしめた1週間でした。

さて、雪の心配が少なくなったので、私も久しぶりにゆっくり子どもたちの様子を見て回ることができました。

お蔭様で、子どもたちは安心して、普段通り学習を進めていました。

靴箱の上には、きちんとそろえて長靴(雪靴)が置いてありました。

厚手の防寒具もきちんと整えてかけてありました。

6年生教室の前には、カウントダウンカレンダー?

これについては後日、紹介したいと思います。

児童会役員選挙についての広報が掲示されていました。

4・5年生さん、心の準備はどうでしょう。

「人権の花」でいただいたヒヤシンスの水耕栽培。この冬休みにしっかりと根が出て、かわいい芽が・・。

春はもうすぐ?!

 

来週行う学力調査に向けて、これまでの学習を自ら振り返り、再確認している学級もありました。

学び合いながらお互いに成長しようとしている姿がとても嬉しかったです。

落ち着いて、真剣な顔で学習に向かっている子どもたちの横顔を眺めながら、幸せな気持ちになりました。

(校長)

 

久しぶりの大雪・・・

1月12日(火)

日本中が大雪ですが、安芸太田町も例にもれず、大変な積雪です。

この3連休もずっと降り続いており、各ご家庭でも連日の除雪作業が大変なことと思います。

今朝は、学校周辺の道路も状態が悪く、あちこちが渋滞になり、通学時の混乱もありました。

通学に関して、保護者の皆様にはいろいろと御心配をおかけし、申し訳ありませんでした。

子どもたちは無事に登校し、落ち着いて学校生活を過ごしています。

 

校庭は50センチ以上の積雪です。

大きな雪だるま出現?!

 

つららもこの3日でさらに成長・・・しています。

まだ寒さは続きそうですし、今夜も降雪の予報が出ています。

事故や被害がありませんように。

明日の登校も気を付けてくるよう、ご家庭でもお声がけをお願いします。

(校長)

たくさん雪が降っています!

1月8日

昨日からの雪がすっと振り続けています。

校庭にも30センチの積雪。

日中でも気温は氷点下3度。おお寒い・・・。

と思うのは大人の私だけですね。

子どもたちは、朝、雪道をがんばって歩いて登校してきました。

早朝より、除雪してくださった皆さんのおかげです。

また、暖かく、雪道を歩きやすい装備で学校へ送り出してくださったおうちの方にも感謝申し上げます。

お蔭様で・・・

 

どの学年も時間を選んで、雪遊び!

3年生に「雪遊びするのですか?」と玄関で尋ねると

「いいえ、学習です!」

と返ってきました。

(後から担任に聞くと、雪国のくらしについての学習だったそうです。)

「遊びの中で、しっかり学んできてくださいね!!」

と見送りました。

6年生は雪上サッカー。ボールがなかなか転がらず・・・。

大きな雪だるまができていました!お見事。

1年生は、つらら見学?!

 

校舎の屋根下には大きなつららができています。長さは1mくらいです。

(危険なので、下にはいらないようにガードがしてあります)

それを見つけて、歓声が上がっていました。

ウッドデッキを歩くと、こんなものが・・・。

どうやら、凍らせて、きれいな氷を作る作戦のようです。これも1年生。

どこに、どれくらいの水を、どんな容器ですれば、きれいな氷ができるのか・・・。

試行錯誤が続きそうですね!どんな気づきや発見があるかな?楽しみです。

昼休憩には、こんな人たちを見つけました。

 

通る人が困らないように、ウッドデッキの雪をホウキで掃いてくれています。

気づいて、考えて、やってくれているそうです。

GOOD!そして、ありがとう♪

午後からも校庭はにぎやかです。

そろそろ下校時刻。帰り道の積雪が気になっていると・・・

校庭の外には除雪車の方

校門の雪を美化委員会の皆さんが雪かきをしてくれていました。

たくさんの雪に見舞われた1日でしたが、たくさんの楽しみ、たくさんの「ありがとう」でいっぱいの1日となりました。

(校長)

 

 

3学期始業式

1月7日 今日から3学期が始まりました。

二宮金次郎さんも寒そうです。

昨日からの雪で、校庭も真っ白な中でのスタートですが、子どもたちは元気に登校してきました。

雪の中、送り出してくださったおうちの方、ありがとうございました。

今回もオンラインでの始業式を行いました。

3学期始業式 式辞はこちら⇒令和2年度3学期始業式式辞(HP).pdf

 

始業式の後で、各教室をまわってみると・・・

1年生:冬休みの楽しい思い出を

2年生・ひまわり:2学期の振り返りと3学期の個人目標を

3年生:人としてどんなふうに成長していってほしいかを

4年生:冬休みに取り組んだ学習の確かめプリントを

たんぽぽ:冬休みにがんばった宿題の提出を

5年生:イチローに学ぶ自己目標の立て方を

6年生:冬休みの振り返りと卒業までの過ごし方を

担任の先生方と話したり、決めたりしていました。

どのクラスも、子どもたちも落ち着いた空気の中で、よいスタートがきれたように思います。

3学期の登校日数は6年生51日。1~5年生は53日です。

それしかない?まだある?

今できることを丁寧に、129名で取り組んでいきたいと思います。

休憩時間には雪の舞う校庭に子どもたちが遊びに出ていました。

元気な声に癒されますね。(校長)

 

SNS安全教室を行いました

 田村生徒指導主事・石見養護教諭が中心となり、 低学年・中学年・高学年ごとで、 SNS安全教室を行いました。 楽しく安全にSNSを使うために、どんなことを気をつけたらよいのか、これまでの使い方で考え直さないといけないことや、これからどのように使っていくかなどを子供たちはしっかりと考えることができたようです。この時間に各自が考えたことは具体的に書き出しました。早速、この冬休みから実践できますね。

 参考資料は、文部科学省の『スマホ時代の君たちへ』です。おうちの方もぜひご覧いただき、お子様と一緒に、安心・安全なSNS環境を整えていただければと思います。

 

★「文部科学省 スマホ時代の君たちへ~低学年用」

     ⇑こちらをクリックすると画面が変わります。

★「文部科学省 スマホ時代の君たちへ~高学年用」

                 ⇑こちらをクリックすると画面が変わります。 

 

2学期終業式

12月23日 2学期の終業式を行いました。

1学期始業式以降、式で体育館に集合したことがないので、この度は体育館でと思っておりました。

しかしながら、現在の状況を鑑み、今回も教室と職員室をオンラインでつなぎ、終業式を行いました。

 

 

子どもたちの振り返りアンケートをもとに、お互いのがんばりにエールを送りました。

保護者の皆様、地域の皆様

無事に2学期を終えることができました。日頃からの御協力と温かいまなざしに感謝いたします。

2学期終業式 式辞はこちら⇒令和2年度加計小学校2学期終業式学校長式辞.pdf

朝の終業式の後、校内では・・・

 1・2年生が花壇にチューリップの球根を植えたり

 

 

 

 

 4年生が冬休みの図書を借りたり

 3年生が書初めの準備をしたり。

それぞれに新年の準備をしていました。

子どもたちも、ご家族も、皆様よい冬休みを!(校長)

初雪の朝の一コマから

今朝は初雪で、正面の山が白くなりました。気温も0度近く。

今年一番の寒い朝でした。

子どもたちは元気に登校してきました。

写真はありませんが、1年生は早速校庭の隅っこに積もったわずかな雪集めを楽しんでいました。

元気ですね♪

そんな寒い朝の一コマです。

★読み聞かせの会★

 

毎年、加計小読み聞かせサークル「なないろ」さんに子どもたちの読み聞かせをお願いしています。

今朝は、今年初めての読み聞かせの会でした。

例年2学年合同ですが、今回は学年ごとでの読み聞かせに変更しています。

1年生から6年生まで、すべての教室で季節の絵本を読んでもらい、子どもたちも嬉しそうでした。

外の寒さとは別に、教室は温かい雰囲気に包まれました。ありがとうございました!

★ひまわり・たんぽぽ(ひまたん)オンライン交流★

 

予定では校外学習に出かけるはずでしたが、急遽取りやめにしました。

代わりに、「ひまたん」でZOOMを使ったオンライン交流をしました。

ヘッドセットを身に付け、画面を見ながら、大変スムーズに会話をしていました。

担任の先生もそれぞれの端末で参加。

離れていても、移動なしでこういうことができるのもいい体験だと思います。

★4年生外国語活動 ALTの読み聞かせ★

授業中、4年生にお邪魔すると・・・外国語活動の時間でした。

ALTの先生が、英語の絵本の読み聞かせをしてくださっていました。

サンタクロースのおひげのお話♪

こちらも楽しそうでした!

(校長)

年長組さんが遊びに来てくれました!

12月9日 小学校にお隣の「認定こども園あさひ」の年長組さんが遊びに来てくれました。

1年生が生活科で作った「秋のおもちゃランド」へご招待!

校舎1階のフロアのあちこちから可愛い歓声が聞こえていました。

 

最後に、楽しかった思い出を伝え合いました。

1年生の皆さん、年長組さんに喜んでもらってよかったですね。

(校長)

いじめストップ集会(児童会主催)

11月27日の加計っ子まつりに先立って、児童会主催の「いじめストップ集会」がありました。

この会に先立って、11月に各学級で「今、学校で困っていること」を出し合い、代表委員会で報告。

遊びの中での困りごとなど、実際に子どもたちが困っていることがたくさん出てきました。

そして、話し合わなくても「これはこうしたらいい」と判断できることは、すぐに児童会で整理し全体で確認したようです。

解決できることはすぐに動く!このスピード感がいいですね。

ただ、困りごとの中でも、「チクチク言葉を言う人がいる」「仲間外れにされることがある」の2点については、さらに学級で話し合いをすることにし、学級としての解決策を集会に持ち寄り、発表しました。

全体で2点について整理したのち、「いじめストップ」のために各学級で取り組むこと(行動目標)をその場で決め、交流しました。

 

今週の学級活動で、学級の行動目標を自分の行動目標に落として、それぞれが心がけることを決めたようです。

それが理科室前に掲示されていました。

集会の最後に私からも子どもたちにメッセージを伝えました。

「『気づいて 考えて やってみる ―自分を大切に ひとを大切に 力を合わせて―』

これが加計小学校の2学期の合言葉でしたね。

今日皆さんが気づいたこと、考えたことを今、次の瞬間からやってみてください。

気づく 考える やってみるの3つの中で、いじめストップのために一番大事なのはどれでしょうか?

―それは「気づく」です。人それぞれ感じ方は違うかもしれませんが、私は「気づく」ことだと思います。

悲しい思いをしている人、傷ついている人、さみしい気持ちを抱えている人、人を大切にできていない出来事・・・

私たちの生活の中で起こるそういうことに「あれ?」「変だな」「おかしいぞ」と「気づく」ことができなければ、それをなくすことにはつながりません。

だから、「気づく」はとても大切。今回皆さんは、生活の中の問題に気づくことができました。

あとは、やってみるだけです。このあとの「加計っ子まつり」では、その気持ちを忘れずに、全力で楽しんでくださいね。」

 

児童会の役員さんを中心に、子どもたちの手でこのような考える場を企画できたことがとてもありがたく、嬉しく思います。

「いじめゼロ!」を実現するために「いじめ見逃しゼロ!」の加計小学校でありたいです。

12月は人権週間があります。

いじめは子どもたちの世界だけのことではないと私は思います。

私たち大人も「自分を大切に ひとを大切に 共に生きる」ことを日々忘れずに生きていきたいですね。

子どもたちに負けないように・・・・。

(校長)

 

11月27日「加計っ子まつり」開催♪

今年度は、いろいろな学校行事がなくなっています。

授業時数や学習内容の確実な履修はもちろん大切ですが、少しでも楽しくリラックスできる時間を作ってみては?ということで、「加計っ子まつり」を開催することになりました。

この会の主催者はなんと2年生!

生活科の学習を生かして、学校全体で楽しい空間と時間を準備してくれました。

密をさけるために、まわる順番を時間制にしたり、広い会場を使ったりと、実施にあたってはたくさんの配慮もありました。

【1年生】秋のおもちゃ

ドングリなどをつかったおもちゃがいっぱい!

6年生が夢中になってドングリ釣りをしています♪

【2年生・ひまわり】動くおもちゃ

ゴムや風などを使って動くおもちゃがたくさん!

【3年生】折り鶴体験

平和学習の一環で、折り鶴体験コーナーを企画!

【4年生・たんぽぽ】ごんぎつね クイズ・パズル&かるたなど

国語「ごんぎつね」をペープサートで劇にしました。クイズや空気でっぽうのコーナーもありました!

【5年生】空き缶積み・お米クイズ・ビー玉コロガラート

お米マイスターによるクイズは難しい??お米の銘柄別マスクは必見?!

【6年生】狂言劇「柿山伏」

国語で学習した狂言を劇で紹介しました!

【保健委員会】手作り「健康カルタ」

委員会も参加!健康をテーマにした手作りカルタです。

【ひまわり・たんぽぽ学級】大豆と加計小のクイズラリー

学習したことをクイズにしました!みんなで挑戦!

午後からは、たてわり班遊びの時間もありました。

そして、この日の最後には2年生から全校のみんなへのお手紙も届けられました。(うれしかったね♪)

この日1日、学校全体が大きな遊び場になりました!

子どもたちも先生方も皆、楽しそうでした。こういう時間も必要ですね。

2年生さん企画してくれてありがとう!

(校長)