トピック

トピックス

橋本町長学校訪問・第1回コミュニティ・スクール開催

16日(木)、橋本町長様が加計小学校を訪問されました。

学校の様子を説明後、各教室の様子を参観されました。

新築校舎と子どもたちの様子をしっかり見ていただきました。

 

また、13日(月)には加計小学校学校運営協議会(コミュニティースクール)の第1回が開催されました。

各地区で委嘱された委員10名で構成された協議会です。

今年度の加計小学校の運営について、説明し、協議の後に運営方針を承認していただきました。

国のすすめるチーム学校の核となる組織です。

今年度も様々な御意見をいただきながら、加計小学校の教育内容が充実するよう応援していただきます。

 

安芸太田町チャレンジコンクール受賞者表彰式

5月の臨時休校中に子どもたちが、自分で考え取り組んだことを応募した「安芸太田町チャレンジコンクール」。

加計小学校の児童38名が応募しました。

「ピンチをチャンスに」を合言葉に、こんなときだからこそできること、やってみたこと…など、御家庭の支えの中で、多くのチャレンジがあったことをうれしく思います。

16日の一斉下校の前に、入賞した児童への表彰及び副賞の授与が行われました。

コンクールの概要は町のHPをご覧ください。

【子ども会連合会長賞】

 

 

【PTA連合会長賞】

 

 

式の前に取材を受けました。取材の様子は町広報誌に掲載される予定です。

 また、7月18日(土)の中国新聞紙面で、安芸太田町チャレンジコンクールについて紹介されました。

賞に選ばれた作品は、22日まで、川・森・文化・交流センターに展示されています。

機会があればぜひご覧ください。

こうちょう先生チャレンジ!【2年生算数問題】

前回の記事に引き続き、2年生登場です。(他の学年も必ず紹介しますのでしばらくお待ちください!)

先日、校長室に2年生の代表3名が訪ねて来てくれました。

手に持っているのは、全員分の算数のノートです。

なぜ???

実は、1週間ほど前に、2年生が「長さ」の勉強を始めるという情報をゲットしました。

そこで、2年生教室に「校長先生のちょうせんじょう」を持っていきました。それがこれです。

さて、一番長いのはどれでしょう。わかりますか?

2年生はこれを見て、すぐに答えを言いました。全員「正解は『う』です!」

ふっふっふっふっふっ・・・。それが違うんですね。

まんまと騙されましたね。

さあ、どうする2年生!

ということで、長さの学習が始まりました。

長さの単位(㎝、㎜)、ものさしを使った測定、長さの計算など、2年生は一生懸命学習したようです。

そして、その成果をノートに書いて、私のところに持ってきてくれたわけです。

それがこれ!

はい!大正解!!!!

一番長いのは「あ」でした。実は「い」と「う」は同じ長さでした。

どこかで見かけたことがあるかもしれませんが、両端の矢印の形が違うことで、目の錯覚によって、違う長さにみえてしまうのですね。

パッと見ただけでは、長さはわかりません。ものさしを正しく使うことで、誰でも共通の基準でものの長さを表現することができるということを学習したようです。ちゃんとした証拠をゲットすることができました!

代表の3人に「どうして、答えがわかったの?」と尋ねると

「それは勉強したからです!」「つまり、『学んだ』といいます!」

と、思いがけない回答が返ってきました。なかなかやりますねぇ。

がんばった2年生学級には認定証を進呈しました!

・・・・それから2日後、再び2年生が私のところにやってきました。

なんと、逆挑戦状だそうです。それもかなり根気のいる難問でした!

丁寧にチャレンジさせていただき、返事をかえしました。

さてさて、次は何年生にどんな挑戦状を出そうかな―あれこれ考えるのが楽しみな校長です。

 

 

たまごが割れた?!【2年生:空想の世界は限りなく!】

金曜日の放課後、校内を回っていると、1階交流ホールの床一面に、何やら散らばっているものが・・・???

近づいてみると、2年生が図工で制作した「ひみつのたまご」の作品でした。

限定ページ2年生のコーナーでは、すでにその前段が紹介されています。

2週間前にこの状態だったたまごが無事に、かえったようですよにっこり

さてさて、どんな中身が生まれてきたのかな?

床に散りばめてあったのは、広い空間で鑑賞会をしたためだったようです。お友達の作品の素敵なところをメッセージに書いて、贈りあっていました。

いろいろと制約のある生活の中で、子どもたちの心や頭の中の空想の世界には、限りない自由があるんだなあ・・・

こんな伸び伸びとした作品で、表現できる2年生は素敵だな・・・と嬉しくなりました。

ここに紹介できたのはほんの一部です。どのたまごからも本当に楽しい世界が生まれていました!

(校長)

例のあの子の名前はなあに?(1年生お手柄!)

梅雨に入りました。

雨が降って、外遊びができにくくなりましたが、雨の季節を楽しむことができればいいですね。

さて、3日ほど前、職員室に1年生が数名訪ねてきてくれました。

「校長先生!この前の虫の名前がわかりました!」と。

以前、このトピックスで紹介した「かわいいお客様」に登場する例のあの子(虫)です。

学校が再開し、1年生は生活科でこの虫の名前を調べてくれたようです。

そのときにとった写真を手掛かりに(ずいぶん大きく引き伸ばして、体の様子がよくわかる写真にしていました)。

これまでの経験や虫図鑑などで調べたようです。

いくつかの候補の中から、最後には理科の堀辺先生に尋ねるという大技をやってのけた結果・・・

みんなで力をあわせて、無事名前をみつけることができました!

疑問をどうやって解決するか・・・そういう学びの過程を大切にしていきたいですね。

さあ、次はどんな発見をしてきてくれるかな?楽しみです。

学校再開1週間目を終えて

前半は給食後14時まで、後半は5校時まで授業をして15時まで、学校で過ごしました。

大きく体調を崩している児童もなく、元気に1週間が終わりました。

しかし、長い休校期間開けの学校生活です。子どもたちもかなり疲れたことと思います。

最初の1週間はより広い空間を確保するということで、4年生、6年生は1階の会議室等を利用して学習しました。

いつもと違う場所での学習でしたが、特に混乱もなく学習していました。

今回より給食配膳の方法や食事の環境を少し変えています。

4年生は1階交流ホールの窓際にカフェのように机を並べて、外の風景を見ながらの給食です。

子どもたちにも好評のようでした。

他の学級は教室で静かにいただきます。5年生も校庭側の山を眺めながら食べたようです。(写真がなくて残念!)

授業の様子を少し紹介します。

3年生は社会科で地図記号の暗記に挑戦中です!大人でもわからない記号を知っているようですよ。

5時間目ですが、よい姿勢で話を聞いているのは2年生!

今週からは通常日課がスタートします。また様子をお知らせします!

学校再開しました!

長い臨時休校が明け、本日より全校児童の登校が始まりました。

保護者の皆様、地域の皆様の支えもあり、子供たちは大きく体調を崩すことなく本日を迎えることができました。ありがとうございます。とはいえ、しばらくぶりの学校ですので、心も体も徐々に戻していくことになります。学校も感染予防に努めながら、少しずつ日常に戻るようにしていきます。

本日の授業風景を少し。

ひまわり・たんぽぽ学級は5月に植えた豆の観察。りっぱに元気な苗になりました!

1年生は数字の書き方を勉強中。生活科の時間に「例のあの子」の名前さがしをしたようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生。道徳。学校のきまりについて考えています。

3年生。黒板に貼ってあるのは自画像ですね。

4年生は今週は多目的室で学習します。理科。4月に各自タブレットで撮影していた植物の写真で身の回りの植物の学習をしているようです。

5年生。「日々なりたい自分を意識して生活しよう!」をテーマに話し合っていました。

6年生。休校中に自学した算数の単元をプリントで再確認中。しっかり集中して取り組んでいました。さすが!

 

今日から給食が始まりました。久しぶりの給食がうれしかったですね。子どもたちも教職員も。

当たり前であることが本当にありがたいと感じる日々です。

かわいいおきゃくさま

いよいよ学校再開目前です。

今週は各学年2日ずつの分散登校となります。

毎日のように校舎内に子どもたちの姿があり、先生方の話題も子どもたちのことがたくさん出てきます。

登校してくるときのあいさつの声、休憩時間の元気な声がだんだん大きくなってきたように感じます。

各教室では、授業も始まっています。先生やお友達といっしょに学べるっていいですね。

子どもたちも先生方もうれしそうです。

さて、そんな中、今日、校長室にかわいいお客さんが来てくれました。

休憩時間の終わりごろ、校長室のドアをそっとあける1年生の男の子です。

一度開けて顔をのぞかせたのですが、すぐにドアを閉めてしまいました。

「あれ?部屋を間違えたかな?」と思っていると・・・

再びドアが開きました。さっきの1年生です。手に少し大きめの紙箱をもっています。大事そうに。

???

「こうちょうせんせい、くさむらでこれをみつけました!」

開けてみると・・・

きれいな緑色! わざわざ私に見せに来てくれたんですね。うれしかったです♪

「名前わかるの?」と尋ねると

「・・・トノサマバッタかなぁ」とのこと。

これまでの経験で、「バッタの仲間」と考えたのですね。すごいなあ・・。

彼がどうやってこの子の名前を調べるのかなと楽しみです。

さて、1年生教室では、この子をどうするか話し合ったそうです。

本当は学級で飼ってみたかったそうですが、今はお世話がちゃんとできないので、草むらに逃がしてあげることにしたそうです。

もうすぐ学校に子供たちが戻ってきます。いろんな発見やうれしいことを校長室に話しにきてくれるといいなと思います。

この写真をみて、この昆虫の名前がわかるかな? 

正しく知って、行動を考えよう!

第2期の分散登校。

今日は,2・3・4年生が元気に登校してきてくれました。

元気に大きな声で挨拶してくれる人がたくさんいて,うれしかったです。

前回の分散登校時に,生活アンケートをとりました。そのときの結果は,本日掲載の「ほけんだより」に詳しく紹介していますので,ぜひご覧ください。

子どもたちは一見,元気に登校してきてくれたように思いましたが,休校期間中には子どもたちなりに不安になったり,イライラしたりすることもあることがわかりました。また,たくさんの情報があふれる毎日で,「自分が病気になったらどうしよう」「家族がかかったらどうしよう」という心配する気持ちをもってることもわかりました。

そこで,今日,明日の分散登校では,校内テレビ放送で,養護教諭からコロナウイルスについて正しい知識を伝え,正しく知って,自分の行動を考えるような保健指導を行いました。

職員室からテレビ会議システムで各教室へ配信。

紹介したのは「好奇心をもった男の子と女の子のための銀河コロナウイルスガイド」という絵本です。

イタリアの子供博物館が制作したものです。ウェブでも紹介されているので興味のある方は調べてみてください。

 

正しく知って,正しい対策を立てながら今を過ごすこと。

そして,今,多くの科学者の方が がんばって治療法や薬を開発してくださっていることに希望をもって過ごそう!という中身です。

子どもたちはどう受け止めてくれたでしょうか?明日登校の1・5・6年生も同じものを見ます!

あいさつで元気を届けよう!(限定ページブログから)

限定ページのブログですが、このページを見てくださっている地域の皆様にも読んでいただきたくここで再掲します!

***************

みなさんこんにちは!
田村麗子(れいこ)です。
11日,12日には久しぶりにみなさんに会えてとてもうれしかったです。
朝,東門の所でみなさんを待っていると,みんな元気にあいさつをしてくれました。
わざわざ立ち止まり,私の目を見て「おはようございます!」と深々とおじぎをしてくれる人もいました。
なんだか朝からジーンとして,心がポカポカしてきました

一緒に登校してくださる地域の方が
「今は子供たちが地域にいるので,子供たちの元気な声で元気をもらっているんですよ」
と言っておられました。
今は,地域の方もコロナのニュースなどで不安に思っておられると思います。
みなさんの笑顔とあいさつでぜひ元気を届けてあげてください!
私もニコニコ笑顔のあいさつで(マスクで見えませんが…),
みなさんを元気にできるようがんばろうと思います。
また分散登校でみなさんに会えるのを楽しみにしています
(生徒指導主事:田村)

明日、あさっては分散登校第2回目です。児童の皆さんのことを学校で待っています!