トピック「筒賀小歳時記」

2020年12月の記事一覧

2学期の終業式

 12月23日(水)曇り 12月らしい気候となり、明日はもうクリスマスイブですね。
 本日23日は、2学期の終業式を全校児童46名全員が出席する中行なうことができました。
 子ども達には、4つのお話をしました。1つ目は、コロナ禍の中でも取り組んできたこと。その中で一生懸命努力することは、すぐに結果がたとえでなくても、今後自分を助けてくれることを具体例を通して話しました。2つ目は、3枚の写真を見て、一人一人心で感じてもらいました。(ナイアガラの滝、ウオーキングサファリ、スノーモンスター)3つ目は、来年度から筒賀保育所が筒賀小学校へ移転してくること。新しくランチルームができることなど。4つ目は、冬休みの過ごし方。体調を崩さぬように充実した休みにしてほしいことを話しました。
 令和3年1月7日から3学期がスタートします。全員元気に登校してほしいと思います。みなさん、1年間ありがとうございました。


 

2学期の振り返り

 12月15日(火)雪 緑色のグラウンドが真っ白になり、「冬」という季節を目で見て肌で感じる日となりました。
 今日の児童朝会では、2学期を振り返って低学年が全校児童の前で発表しました。1・2年生とも自分がみんなに伝えたいことを2~3つに絞り、ナンバリング式で発表しました。人に自分の考えや思いを伝えきることは、大人でも難しいことです。これからも、子ども達に小学校での学びを通して、人に伝える力をつけていきたいと思います。
 2学期の振り返りの発表終了後、明日から山口方面へ修学旅行で行く6年生が、在校生へ「明日から2日間 私たちが修学旅行でいませんが、5年生を中心に協力して過ごしてください。」「行ってきます。」と、メッセージを送りました。


地域のおすすめを紹介しょう

 12月14日(月)小雨 パラパラと空から雪が降ってきました。今週は全国的に寒波が日本を覆い寒くなります。
 5年生の外国語科に「地域のおすすめを紹介しよう」という学習があります。今日は、筒賀支所にお勤めのベロニカさんに筒賀小学校の5年生の授業に来ていただき、一緒に学ぶ機会を持たせていただきました。子ども達からベロニカさんへ英語で質問したり、ベロニカさんからアメリカのシカゴのことを紹介してもらったりしました。「日本の食べ物で何が好きですか❔」という質問には、京都にホームステイした時に食べた「肉じゃが」と答えられていました。今では、自分で何度も作られるそうです。授業の後半には、体育館で一緒に縄跳びをする機会を持ちました。
 子供たちは、これからもいろいろな国々の方と交流する機会をもち異文化の素晴らしさにふれたり、自分たちの地域の素晴らしさも発信したりしていきたいと思います。


寒くなってきました

 12月11日(金)晴れのち曇り 冬の寒空がぴったり合う季節となってきました。校舎の前後を見ると本格的な冬に備えて準備が整っています。
 グラウンド側には、立派な木がすくすくと伸びており、葉っぱを落とし切った木を見ると、冷たい風や雪にも耐えれる準備はできているようです。児童玄関側には、鮮やかな赤色が目をひく「南天」の実が存在感を放っています。「南天」は「難転」と当て字で表記もできるため、昔から縁起の良い植物とされてきました。災難や難関を転じる、という意味にもなる南天。福寿草と合わせると「難を転じて福となす」という意味になります。
 来週の月曜日は、雪模様になりそうです。子ども達には、体調にも気をつけて元気に登校してほしいです。


12月第2週目

 12月7日(月)晴れ曇り 朝の気温は0℃前後となりましたが、午前中は、太陽の日差しが気持ちよく、人や植物を照らしてくれてました。
 今日は、子ども達が短い夏休みの中で今年も作品に応募して、その作品応募にかかわっての表彰式がありました。
 ビルメンテナンスこども絵画コンクールにおいて、「未来のおそうじ ~きれいにしよう」というテーマで絵を描き、5年の栗栖さんが金賞として表彰されました。コロナ禍ということもあって、協会の方から出向いていただいての表彰式となりました。地球は、人間によって汚されるだけでなく、人間がだれもが住みやすい地球にしないといけませんね。


 

書初め練習

 12月2日(水)晴れ 12月とはいえ素晴らしい天候になり、日差しが気持ちよく感じる日となりました。
 本年度も、特別非常勤講師として、大江眞先生に習字の指導をしていただいています。2学期は、書初めに向けての練習です。1字1字丁寧に書くことはもちろんですが、書き上がった時のバランスも考えて書くことも気をつけて行なっています。限られた時間の中で、しっかりと先生から吸収し自分のものにしてほしいです。
 5年生は「新しい風」、6年生は「将来の夢」を集中して書きました。


家事の先生に学ぶ

 12月1日(火)晴れのち曇り 今日から師走となり、いよいよ今年も残り1か月となりました。
 今日は、1年生の生活科において「家族ニコニコ大さくせん」という学習があり、地域の女性会の方に御協力いただき、風呂洗いの仕方、食器等の洗い方、赤ちゃんのあやし方等について、グループに分かれて教えていただきました。何十年も家事を支えてこられた方の体験談を聞いたり、実際にやりながらコツを教えていただいたりしました。子ども達は、今回学んだことを基にして、自分の家で実践していく予定です。
 女性会の方々には,昨年度、委員会の活動(花壇の整備)を子ども達と一緒にしていただきました。今、コロナ禍ということもあって、今年度初めて学校にお越しいただきました。「久しぶりに子どもさんと活動ができ楽しかったです。」「元気になりました。」という声をいただきました。人と人とがかかわる教育活動の大切さも感じました。