校長室

ごあいさつ

R3.4.1. 撮影

   

例年より早い春の訪れの中,令和3年度が始まります。校庭の桜を眺めながら,学校に響く子供たちの歓声と賑わい,そして笑顔を全職員で待ちわびています。

安芸太田町立戸河内小学校長の吉田浩一と申します。どうかよろしくお願いいたします。

 

コロナウイルス感染症流行という経験したことのない状況の中,日常の学校での当たり前の風景が貴重な尊いものであることを痛感しています。保護者の皆様や多くの関係者のご協力で健康・安全な学校を維持できていることに感謝申し上げます。そのような状況の中,3月23日卒業式において5名の卒業生が旅立ちました。翌24日卒園式で4名の卒園生が旅立ちました。会場でのご臨席はなくても,多くの方の祝福と励ましのお声をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。また,同日,長い歴史のある「戸河内幼稚園」が閉園となりました。ご報告申し上げます。 

一方,4月6日には9名の新1年生を迎え,全児童41名で令和3年度をスタートします。新築校舎と整備された設備,一人一台タブレットや無線通信環境など恵まれた教育環境の中,全職員一丸となって児童の健全育成に力を注いでいく所存です。  

安芸太田町教育委員会策定の「安芸太田町教育21・もみじプラン」では,教育目標を「地球・世界的規模の視野を持ち,世界や地域社会に貢献する人づくりをめざす」としています。

 その具現化に向けて戸河内小学校では,学校教育目標を「よいこの育成」としています。さらに,育成していきたい3つの資質・能力を次のように整理しています。  

(1) 自己決定 :

 「く考えて自分で決める子」 

(2) 自尊心 : 

  「のちを大切にし,

     自分を大切にする子」

(3) 協働・コミュニケーション:

   「えを掛け合い,自分を表現し

       相手と分かり合う子」

 

 また,「知」「徳」「体」の調和のとれた「生きる力」を育む中で,「自分の生き方を見据えた『キャリア教育』」と「外国語を使う機会を通して『グローバル感覚』の醸成」にも力を注いで参ります。どうぞご支援,ご協力をお願いいたします。

 

 令和3年4月           

  安芸太田町立戸河内小学校長

           吉田浩一