校長室

令和3年度 加計小学校のスタートです!

  加計小学校の校庭にある大きな桜の木。今年はすでに満開を過ぎてしまいました。春風に吹かれて舞う桜の花びらがとてもきれいです。

 令和2年度はこれまでの学校の「当たり前」が「当たり前でない」ことを痛感した1年でした。一方で、新しい学習内容、学び方が模索されていったのも事実です。実際、GIGAスクール構想によって、一人一台のタブレットが整備されました。今後、紙や鉛筆と同じように、学ぶ道具として有効に学習場面に活用していきたいと思います。

対面での対話は感染症対策等の工夫が必要ですが、「人は対話をしながら自分の考えをよりよくすることができる」という考えを大切に、ともに学ぶ場としての学校の存在意義を考え続けていきたいと思っています。

 本校は平成28年4月に,修道小学校,加計小学校,津浪小学校,殿賀小学校の4つの小学校が統合。それぞれの長い歴史を併せ持ちながら,木の温もりあふれる開放的な新築校舎をベースに「新生 加計小学校」としての歩みを始めて5年が経ちました。保護者や地域の皆様に支えられて,6年目の歴史の1ページにどんな絵を描くのか,どんな色がついていくのか―私たち教職員も子供たちと一緒に楽しんでいきたいと思います。

 加計小学校の教育内容の特徴はこの5つに集約されます。

≪加計小3つのチャレンジと2つのベーシック≫

◎積極的生徒指導 ◎ICT教育 ◎外国語教育 ○協調学習 ○マーチング

これらを充実させ,学校教育目標の実現に向け取り組みます。

今年度、学校教育目標を子どもたちと共有しやすい言葉に改めました。

学校教育目標

気づいて 考えて やってみる!

~自分を大切に 人を大切に 力を合わせて~

 様々な場面で この「気づいて考えてやってみる!」ことを子どもたちとの「合言葉」に、学校生活を充実させていきたいと思います。
 引き続き,皆様には本校教育への御理解と御支援をいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。               

 

 

 

 令和3年4月 安芸太田町立加計小学校

 校長 萩原 英子

 (令和2年4月1日着任)