お知らせ

  【あいさつができていますか?】その後(9/18現在)

 児童会役員さんが中心となって、現在「あいさつ運動」展開中です。

 毎週金曜日の給食の時間に、児童会から「今週、あいさつの良かった人」を発表があります。週を追うごとに、少しずつ名前を呼ばれる人の数が増えてきています。私も、校内で出会う子どもたちのあいさつが増えてきているのを感じますし、その声に張りが出てきているのも感じています。場を逃さず、意識して声をかける―この取り組みが継続し、「あいさつ?そんなことは、無意識にやってますよ。当たり前でしょ?」と言えるようにしたいものですね。もっと言えば、「あいさつしないと、落ち着かない・・」ぐらいに。

 さて、地域やご家庭での子どもたちのあいさつはどうでしょうか?

子どもたちは地域の皆様に、あいさつで元気を届けているでしょうか。少しずつでも変わってきていますか?

 9月末には、児童会役員さんと校長とで、今回のあいさつ運動の取組について、意見交換をしてみようと思っています。児童の代表である児童会役員の子どもたちがどう感じているかを聞き、次の作戦を一緒に考えることを楽しみにしています。(校長)

加計小学校校歌の歴史 動画教材を作成しました!

4年生道徳の教材として、校歌の歴史の動画(5分)にまとめました。

「歌い継がれる加計小学校の校歌」

在校生はもとより、卒業生の皆様もご覧いただければと思い、掲載します。BGMは、以前本校の校歌を神奈川フィルハーモニー管弦楽団の皆さんがオーケストラで演奏してくださったときの音源です。

加計小学校は今年創立145年。校歌は85年前に作られました。これまでにの10の小学校が集まって今の加計小学校になりました。それぞれの学校にも校歌がありました。そのことも忘れずに歌い継いでいきたいたいと思います。(校長)

トピック

トピックス

「学びの変革」本校の取組~9月15日(火)4年算数研究授業より

 本校は、平成28・29年度「学びの変革」パイロット校事業実践指定校として、「学習者基点の能動的な深い学び」の研究に取り組み、協調学習を中心に、子供達の主体的な学びを促す授業実践を積んできました。

 今回、安芸太田町「学びの変革」推進協議会が本校で開催され、本校4年生の算数科の授業研究を通して、町内の先生方と「主体的・対話的で深い学びとそれを支える授業づくり」について、熱く協議することができました。当日は、感染症対策を見据え、zoomを使ったテレビ会議での対話を設定するとともに、学習支援システムのSKY MENUを駆使し、ICTの有効活用も提案した授業となりました。課題解決に向かう真剣な子供達の姿と、ICTをしっかり使いこなせる子供達に頼もしさをも感じました。

感染症予防の観点から、頭を寄せ合って考える場をどうしていくか―大きな悩みです。

一人一人が自ら学ぶということが何より大切ですが、自分の考えをよりよくしていくために「対話」はとても大切であると考えています。何とかこの状況下でも、友だちと対話を通して学べる方法はないか・・・先生方も果敢にチャレンジしてくれています。ZOOMを使った対話ができるのであれば、今後長期間の休校措置などの際も、友達と一緒に学べるのではないかと期待しているところです。

 今回の授業提案を受け、日々の授業の在り方を振り返り、今後、さらに授業の質を高めていくことに取り組んでまいります。(教頭)

 

 

 

 

新着情報