トピック

トピックス

紙すき体験

 7月16日(金)に地域の方に御指導いただきながら、紙すき体験を行いました。原料の一部は地域で採取された楮で、地域の方に御指導いただきながら子供たちが皮を剥いだものです。その皮を時間をかけて乾燥させ、原料として使えるように地域の方が加工してくださいました。この紙は6年生の卒業証書にも使われます。一人一人が一生懸命取り組むことができました。

カヤック体験

 7月15日(木)に温井ダムでカヤック体験を行いました。天候にも恵まれ、気持ちよく温井ダムの湖面に漕ぎ出すことができました。気持ちのよい風に吹かれながら、安芸太田の自然を楽しむことができました。

 

カヤック体験に向けて(事前学習)

7月14日(水)、5・6年生が15日(木)に実施予定のカヤック体験に向けた事前学習をオンラインで行いました。町内の5・6年生、70名近くがつながり、安芸太田町のよい所や安芸太田町でできる自然体験について一緒に考えました。導入された端末を活用し、日頃の学習の成果を生かしながらスムーズに学習を進めることができました。カヤック体験を楽しみにしている子供たちです。

田植え

 6月14日(月)の午後、恒例となっている田植えを行いました。天候が心配をされましたが、地域の方に御指導をいただきながら、本年度も無事に田植えを行うことができました。新型コロナウィルス感染症対策として、密にならないように低・中学年と高学年の2グループに分かれて田植えをしました。実りの秋が楽しみな子供たちです。

プール掃除

 6月11日(金)にプール掃除を行いました。例年、地域・保護者の皆様に御協力をいただきますが、本年度は緊急事態宣言が延長されていることもあり、新型コロナウィルス感染症対策として児童と教職員のみで実施をしました。自分が担当した場所の掃除に一生懸命取り組むとともに、プールの壁や床も一生懸命磨きました。水泳開始が楽しみな子供たちです。感染症対策を徹底しながら、安心・安全に学習を進めていきたいと思います。

春の遠足

 5月7日(金)に遠足に行きました。少しパラパラと雨が降る中での出発となりました。天気予報では、早い段階で雨が上がるようになっていましたが、お昼ごろまで雨が止んだり、小雨が降ったりしていました。道も濡れて滑りやすくなっていたため、当初の予定を変更して「かけはし」でお弁当を食べ、学校に戻ってレクリエーションを楽しみました。予定は少し変更になりましたが、子供たちは楽しい1日を過ごすことができました。

交通安全教室

 4月22日(木)、山県警察署の方を講師に招いて交通安全教室を行いました。1・2年生は、道路や歩道の歩き方、信号のある交差点での横断の仕方等について指導をしていただきました。道路や横断歩道を渡るときには、左右を自分の目で見て、安全を確かめることが大切であることなど、生活の中で道路を歩く場面に即して学ぶことができました。3年生から6年生までは、自転車の安全な乗り方について指導をしていただきました。自転車も自動車と同じで、歩行者に気をつけ、安全を確かめながら乗ること、安全のためにヘルメットをかぶることなど、実技指導の中で説明も交えて指導をしていただきました。交通安全に気をつけ、生活の中で生かしていきたいと思います。

 

新入生歓迎会

 

 4月9日(金)に新入生歓迎会を行いました。「たから探し」や「だるまさんがころんだ」など、児童会が計画したゲームを通して、新1年生との交流を深めることができました。「楽しかった」という声があちらこちらで聞かれ、楽しい時間を過ごすことができました。また、計画をした高学年は、大きな仕事を一つやりきった達成感を味わうことができました。

 

令和3年度が始まりました!

 4月6日(火)、天候にも恵まれ、全校児童そろって元気に令和3年度のスタートをきることができました。本年度は3名の新1年生を迎え、全校児童24名となります。昨年度に続き、新型コロナウィルスの影響が心配され、これまで通りが通用しない状況が続きます。児童の安心・安全を確保し、工夫をしながら様々な教育活動に取り組んでまいります。保護者、地域の皆様、令和3年度も御支援と御協力をよろしくお願いいたします。

卒業証書授与式

 3月23日(火)、「第16回卒業証書授与式」を行いました。新型コロナウィルス感染症対策のため、参加者を制限しての卒業証書授与式となりましたが、在校生や保護者、教職員に見守られて卒業生は元気に巣立っていきました。

6年生を送る会

 3月8日(水)、6年生を送る会を行いました。まずは、各学級とも6年生に感謝の気持ちを込めた出し物です。1・2年生はダンスと大きな感謝状の贈呈、3・4年生はマジック、5年生は6年生への思いを込めた替え歌など、内容が工夫された楽しい出し物となりました。音楽クラブも合奏やダンスを発表しました。ピアノの生演奏によるイントロクイズやみんなに伝えたいメッセージ等、6年生からの発表も楽しく、心温まるものでした。もちろん、先生たちも発表し、ハンドベルの演奏を頑張りました。最後は、6年生からのリクエストで、6年生児童のピアノ演奏で「旅立ちの日に」を合唱しました。5年生にとっては、自分たちで企画から進行まで準備をする大仕事となりましたが、その責任を立派に果たすことができました。フォトアルバムに様々な場面を一覧にして掲載していますので、こちらもご覧ください。

和紙作りに向けて!

 地域の方に御指導いただき、2月26日(金)に蒸した楮(こうぞ)の皮むきを行いました。この楮の皮を干し、木槌などで細かくすると和紙の原料になります。この皮は地域の方に加工していただき、来年度以降の和紙作りに使う予定です。本年度もこれまでに皮をむいて加工した原料等を使い、紙すきを行いました。この和紙は6年生の卒業証書にも使います。地域の伝統を体験する貴重な学習の一つです。

雪山のその後・・・

 先週、校庭に積もった雪を集め、雪山を作りましたが、その雪山がどうなったのか、御紹介します。雪が降った後、暖かい日が続きました。作った雪山も、2月22日(月)の朝には小さくなってしましました。

 敷地内に残っていた雪を集めながら、ホビークラブで活動開始。形を整えながら雪像作りを進めていきました。

 形が少しずつできてきたかな?

ついに完成です。何かわかるかな?

答えは船です。ホビークラブの力作が完成しました!

雪が積もりました!

 春のような暖かさが続いていましたが、昨日から冷え込みが厳しくなり、校庭も再び雪で真っ白になりました。校庭に降り積もった雪を集め、大きな雪山ができています。この雪山はどうなるのでしょうか?

授業参観・PTC

 2月16日(火)に授業参観とPTCを行いました。授業では、課題に対して一生懸命取り組んでいる様子を参観していただくことができました。その後のPTCでは、校内オリエンテーリングを行いました。校内の各教室にかくされている問題を探し、児童と保護者が一緒になって解いていきました。新型コロナウィルス感染症対策として、検温や消毒、マスクの着用、密を避けたり接触を避けたりするなどの注意を払いながら実施し、楽しい時間を過ごすことができました。トピックスでは、一部の様子をご紹介します。その他、フォトアルバムのページもご覧ください。

 

折鶴アートを届けました!

 5・6年生は、総合的な学習の時間に「人とのつながりから地域のよさを見つけよう」という単元を設定し、70回目を迎えた「やまゆり活動」を題材にしながら学習を進めました。その中で、たくさんの方に笑顔になってもらい、これからもやまゆり活動を継続していきたいという思いを込めて折鶴アートを制作しました。「上殿小らしさ」を出そうということで、いろいろな人に聞き取りを行い、やまゆり訪問で花束にして贈っているササユリの花や安芸太田町の四季を描きました。コロナ禍でもあり5・6年生の児童が訪問して手渡すことはできませんが、1月28日(木)に広島赤十字・原爆病院を校長・担任が訪問し、広島赤十字・原爆病院の総務課長様、事務部長様に折鶴アートを手渡しました。この折鶴アートは、広島赤十字・原爆病院の2階廊下に飾っていただけるということです。病院を訪れる機会がありましたら、ぜひご覧ください。

保健朝会

 新型コロナウィルス感染拡大の影響が心配されるところです。このような状況の中、保健委員会の児童が劇を考え、保健朝会で発表しました。マスクの着用や手洗い、規則正しい生活を通して免疫力を高めることなど、感染防止に向けて大切なことを改めて考えることができました。

スキー教室

 1月19日(火)に恐羅漢スノーパークへスキー教室に行きました。新雪が積もり、最高のコンディションの中で、子供たちはスキーを楽しむことができました。「楽しい」「もっと滑りたい」「上手になった」など、子供たちのうれしそうな声が聞かれました。けがや事故がないことはもちろんですが、コロナ感染対策を徹底するようスキー場や講師の方にも大変な心配をしていただきました。たくさんの皆様の御協力により、スキー教室が実施できたことに感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

3学期が始まりました!

 天候が心配されましたが、1月7日(水)、全校児童25名が登校し、元気な声が学校に戻ってきました。3学期の登校日数は、6年生が51日、1年生から5年生が53日になります。2学期に比べると短い3学期ですが、始業式では「一日一日を大切に過ごしましょう」という校長先生のお話を真剣な表情で聞き、気持ちを新たに3学期のスタートをきることができました。朝までは、茶色かった校庭も、あっという間に真っ白です。

ササユリ球根植え・種まき

 12月21日(月)、地域の方に指導していただきながらササユリの球根を植えたり、種をまいたりしました。上殿小学校の伝統的な取組の一つであるやまゆり訪問では、広島赤十字・原爆病院や町内施設の訪問の際にササユリの花束を届けています。以前は学校周辺の野山に多く自生していたササユリですが、近年は少なくなっています。ササユリは採取できるようになるまでに数年かかるそうです。数年後、きれいな花が咲くことを願いながら、今年もササユリの球根を植え、種をまきました。