トピック

トピックス

東京2020オリンピックの開幕を前にして

 東京2020オリンピックの聖火ランナーを務められた加計の栗栖様が,町内の小中学生に東京2020オリンピックの雰囲気に触れてもらいたいという思いで,聖火リレートーチとランナーユニフォームに触れる機会を提供してくださいました。生徒たちは,金色に輝くトーチを持ち上げてその重さを感じたり,その美しさを目の前にして歓声をあげたりしていました。

 

加計高校へ進学をした卒業生から話を聞きました

安芸太田中学校は,広島県立加計高等学校と連携型中高一貫校として連携教育を進めています。
7月6日(火),2・3年生が,加計高等学校の生徒や加計高等学校を卒業して現在県外の大学で学んでいる卒業生から,加計高等学校のよさや進路のことについて話を聞かせていただきました。
加計高等学校の生徒とは対面で,大学生とはテレビ会議でつないで行いました。
地元にある加計高等学校のよさやこれらの進路を考える上で大切にしたいことなど,貴重なお話をたくさん聞くことができました。

 

デリバリー給食が始まりました

安芸太田中学校には,筒賀学校共同調理場から毎日美味しい給食が届いています。
この度,7月1日~10月1日で共同調理場の改修工事が入るということで,この間はデリバリー給食になります。
夏休みをはさんでの約2カ月あまりですが,届けられるお弁当をたのしみにしています。

 

英語の授業でICT活用

 6月24日(木),隣町の北広島町立千代田中学校と安芸太田中学校の1年生がオンライン会議システムを使って英語の授業を行いました。これまでの英語の授業では,be動詞,一般動詞,疑問詞といった具合に文法事項を順序立てて学習してきていました。しかし新学習指導要領では,英語学習の初期段階で複数の表現を学ぶことで,生徒自身が目的や場面,状況に応じてたくさんの言語材料の中から適する表現を選択して活用することが求められています。
 今回の授業では,安芸太田中学校の生徒1人と千代田中学校の生徒2名の3人がグループをつくり,これまで学習してきた英語表現を用いて,お互いに自己紹介をするという活動を行いました。最初は普段接することのない他校の生徒との英語でのコミュニケーションということで緊張していましたが,すぐに慣れて英語での会話を愉しんでいました。まだ一問一答のやりとりになっていましたが,何回か行う中で対話になっていければと思っています。
 今後,広島県外の中学生とのコミュニケーションやオーストラリアの学校の生徒とのコミュニケーションへと発展させていきたいと考えています。

筒賀水泳プールの掃除を行いました

6月15日(火)に,地域貢献活動として。筒賀水泳プールの掃除を行いました。
デッキブラシなどで,丁寧にプールの底にたまった汚れを落としていきました。
とてもきれいになったプールを眺めていると,これから始まる水泳の授業が楽しみになってきました。

 

デジタル版マイ・タイムラインの操作を体験しました

安芸太田中学校では,防災教育に積極的に取り組んでいます。
この度,デジタル版マイ・タイムラインづくりを生徒が体験しました。
広島では梅雨に入って1カ月が経ちましたが,これから梅雨の後半に入り雨の量も多くなることが予想されます。
中学生自らがマイ・タイムラインづくりに取り組むことで社会貢献意識も高まると思います。
作成したマイ・タイムラインはメールアドレスを登録すると保存することが可能となっています。

 

1年生が吉水園のボランティア清掃と温井ダムの見学をしました

6月7日(月),1年生が「総合的な学習の時間」の地域学習の一環で,加計にある吉水園のボランティア清掃と温井ダムの見学を行いました。

吉水園は1951年に広島県の名勝の指定を受けた庭園です。例年はこの時期に初夏の一般公開がされていますが,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として,今年の初夏の一般公開は中止となっています。また,吉水園はモリアオガエルの生息地としても知られており,1952年には「吉水のアオガエル」として広島県の天然記念物として指定を受けています。初夏の一般公開は中止となりましたが,今回は,庭園の清掃とモリアオガエルを捕食するイモリの捕獲を1年生が行いました。

 

温井ダムは,黒部ダムに次ぐ国内第2位の堤高のアーチ式ダムです。新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下なのでダムの中に入っての見学はできませんでしたが,ダムの上から眺める眺望から,温井ダムの大きさを感じました。

吉水園や温井ダムは校区外にありますが,安芸太田町の宝の一つです。今回の学習を通して,安芸太田町を再発見することができました。

授業参観とPTA総会を行いました

4月17日(土),授業参観,PTA総会,学年・学級懇談会,部活懇談会をそれぞれ行いました。
昨年度のPTA総会はオンライン評決で行いましたから,対面でのPTA総会は2年ぶりとなりました。
授業参観も昨年度は2回行いましたが,その風景もこの1年で随分変わりました。生徒はタブレットPCを机の上に出して課題に取り組んだり,生徒も保護者も教員もみんなマスクをしています。

 

加計高校からのすてきな贈り物

安芸太田中学校は,県立加計高校との連携型中高一貫教育校です。
4月15日(木),加計高校生徒会のみなさんが,すてきな贈り物を届けてくださいました。
ありがとうございました。

14名の新入生が安芸太田中の仲間になりました

4月7日(火),第5回入学式を行いました。
今年度の新入生は14名です。
真新しい制服に身を包み,少し緊張した面持ちで式に臨みました。
新型コロナウイルス感染症対策で,式は新入生と保護者,在校生,教職員で行いました。
入学式の後は記念撮影をして,学級開きを行いました。
そして,今回の入学式の日では,例年とは異なることがありました。それは,RCCラジオのラジオカーが安芸太田中を訪れ,新入生にインタビューをしたことです。「ごぜん様さま」という番組の中で,新入生2名が中学校生活への抱負などを語ってくれました。しっかりとした受けごたえに,番組のパーソナリティーと務められている横山アナウンサーからお褒めの言葉もいただきました。
今年度は全校生徒44名でのスタートになりましたが,来月の体育祭「友笑祭」に向けて,全校生徒のたしかな絆を翌日からの練習でつくっていきます。


令和3年度がスタートしました。

令和3年度がスタートしました。
春休みの3月の間は,新3年生が登校をして,体育祭「友笑祭」のダンス練習や生徒会スローガンの横断幕作成を行いました。新年度がスタートすると,1ヶ月後(5月8日)は「友笑祭」です。まずは「友笑祭」の成功に向けて,全校生徒が一丸となって練習や準備を進めていき,絆を深めていきます。

修了式と離退任式を行いました

3月25日(木),令和2年度の修了式と離退任式を行いました。
令和2年度は,新型コロナウイルスの感染が拡大する中,新しい生活様式での学校生活を送った1年でした。
離退任式では,離退任をされる4名の先生方に感謝の思いを伝え,お別れをすることができました。

第3回学校運営協議会を開催しました

安芸太田中学校は,コミュニティ・スクールとして,地域の皆様のご意見を伺いながら学校運営を行っています。
3月17日(水)に,令和2年度の第3回学校運営協議会を開催しました。
委員の皆様には,授業を参観していただき,その後,今年度の学校評価自己評価の最終評価について説明をさせていただきました。委員の皆様からは多数ご意見をいただきました。いただいたご意見を,今後の学校運営に生かしていきます。

第4回卒業証書授与式

3月13日(土),10名の卒業生が安芸太田中学校を巣立っていきました。
人数は少ないですが,とても仲が良く,人数以上の力を発揮してくれた学年です。
コロナ禍で学校行事など色々と制限がありましたが,知恵を出し合い,いつも前向きに取り組んでくれました。
それぞれ進路は異なりますが,4月からの新生活の中で力を発揮してくれるものと思います。
10名の卒業生のみなさん,卒業おめでとう! そして,ありがとう!

3年生を送る会で感謝の気持ちを伝える

卒業式を間近に控えた3月11日(木),生徒会主催の「3年生を送る会」を行いました。
それぞれの委員会が企画をしたクイズなどのレクレーションや3年生への感謝の気持ちを込めたメッセージを渡しました。感謝の気持ちを伝える在校生やそれを受け取る卒業生の目には涙が浮かんでいました。
この日は,広島で桜の開花宣言が出された日で,春の暖かさにつつまれた体育館の中で,心のこもったあたたかい「3年生を送る会」を行うことができました。(会の様子はフォトアルバムでも紹介をしています。)

 

オーストラリアのYeppoon SHSとの交流を再開しました

安芸太田中学校では,今年度から,オーストラリアのYeppoon SHSとの交流を行っています。
12月から1月は,Yeppoon SHSが年度末ということで交流が止まっていましたが,交流を再開しました。
今回は,1年生の英語の授業で,お互いの国の生活習慣や文化について質問をしあいました。
オーストラリアとの時差や時程の関係で20分程度の交流でしたが,とても楽しく交流をすることができました。

卒業前に絵本の読み聞かせを行いました

3月13日の卒業を前に,町立図書館の阿保様に来ていただき,絵本の読み聞かせをしていただきました。
この日は,阿保様から卒業生へのお薦めの絵本ということで
 「最初の質問」
 「きらめく船のあるところ」
 「ねこのピート だいすきなしろいくつ」
の3冊を紹介していただきました。
新型コロナウイルス感染症対策で様々な制約を受けるなかで過ごしたこの1年間でしたが,中学校を卒業してからも大切にしてほしいことが伝わる絵本でした。

生徒一人1台のPCが整いました

文部科学省が進めるGIGA(Global and Innovation Gateway for Allの略)スクール構想により,生徒一人1台のタブレットPCが整備されました。これまではコロナ禍対策として,3年生に一人1台のタブレットPCとモバイルルーターが貸与されていましたが,今回の整備で,全校生徒が一人1台のタブレットPCをもち,授業などで常時ICTを活用することが可能となりました。家庭への持ち帰りをどうするかはまだ協議中ですが,まずは学校での教育活動の中で積極的に活用をしていきます。

 

スキー教室を行いました

 2月10日(水),恐羅漢スノーパークでスキー教室を行いました。安芸太田中学校では,毎年,1・2年生が広島県最高峰の恐羅漢でスキー教室を行っていますが,昨年度は雪不足のため行えなかったので,2年ぶりのスキー教室になりました。
 恐羅漢スノーパークや安芸太田町商工会から支援をしていただきながら行っています。今年はコロナ禍でのスキー教室となりましたが,感染症対策を十分にとりながら行いました。
 当日は,青空の広がる絶好のスキー日和で,美しい恐羅漢の自然を満喫しながら,スキーを楽しむことができました。地域の方に指導者としてご協力をいただき,4つのグループに分かれて行いました。
※フォトアルバムにも写真を何枚か掲載しています。